日刊サイゾー トップ > 芸能  > マリエ「暴露本」のかなり攻撃的な中身

マリエが1カ月前に予告していた「暴露本」のかなり攻撃的な中身

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

マリエが1カ月前に予告していた「暴露本」のかなり攻撃的な中身の画像1
マリエ 公式インスタグラムより

 モデルのマリエがインスタグラムのライブ配信にて、18歳の時に島田紳助氏から肉体関係を迫られたことを告発。居合わせた出川哲朗も島田氏に同調していたことも明かし、この1週間あまりネット上はこの話題で持ち切りだ。

 そんな中、注目されているのが、近々、マリエが発売するとされる「暴露本」の内容だ。

「現在、起業してアパレルブランドを立ち上げているマリエですが、3月3日には三越伊勢丹のバイヤー・寺澤真理氏と対談しています。その終盤で、4月末か5月頭に出版計画があり、現在、それをまとめている最中であることを明かしました。その中身について、彼女は『よくあるビューティーのヒミツとかじゃない』『(自分が)どういう芸能生活を送ってきたか』『かなり攻撃的な内容がたくさんある』『女性の生きるヒントに』などと予告しており、芸能界の闇をつまびらかにする覚悟を感じます。すでに写真撮影は終わっているようですが、3月3日に対談、4月4日に枕営業をカミングアウトという流れから、5月5日に発売されるのではと予想しています」(週刊誌記者)

 出川の事務所が完全否定しても、11日のインスタグラムでは「私は嘘をつきません」と再反論。一歩も引かない構えを見せていたのも、暴露本が控えているからとすれば合点がいく。

 当時のマリエといえば、過激な発言も話題になった。

「嵐・松本潤や明石家さんまから好きな男性のタイプを聞かれると、『変態が好き』『あたし超ド級のM』『ちょっと叩かれるぐらいが丁度いい』と赤裸々発言。ロケバスの運転手と付き合ったことも明かしています。こうしたマリエの発言を聞きつけて紳助が近寄った…としても、あくまでテレビ用のトーク。関係を迫ったことが真実ならば許されることではありまえん」(芸能記者)

 ライブ配信が“序章”だとすれば、出川が枕を高くして眠れる日はまだしばらく先になりそうだ。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/04/13 20:00

マリエが1カ月前に予告していた「暴露本」のかなり攻撃的な中身のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真