日刊サイゾー トップ > 芸能  > マリエ「暴露本」のかなり攻撃的な中身

マリエが1カ月前に予告していた「暴露本」のかなり攻撃的な中身

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

マリエが1カ月前に予告していた「暴露本」のかなり攻撃的な中身の画像1
マリエ 公式インスタグラムより

 モデルのマリエがインスタグラムのライブ配信にて、18歳の時に島田紳助氏から肉体関係を迫られたことを告発。居合わせた出川哲朗も島田氏に同調していたことも明かし、この1週間あまりネット上はこの話題で持ち切りだ。

 そんな中、注目されているのが、近々、マリエが発売するとされる「暴露本」の内容だ。

「現在、起業してアパレルブランドを立ち上げているマリエですが、3月3日には三越伊勢丹のバイヤー・寺澤真理氏と対談しています。その終盤で、4月末か5月頭に出版計画があり、現在、それをまとめている最中であることを明かしました。その中身について、彼女は『よくあるビューティーのヒミツとかじゃない』『(自分が)どういう芸能生活を送ってきたか』『かなり攻撃的な内容がたくさんある』『女性の生きるヒントに』などと予告しており、芸能界の闇をつまびらかにする覚悟を感じます。すでに写真撮影は終わっているようですが、3月3日に対談、4月4日に枕営業をカミングアウトという流れから、5月5日に発売されるのではと予想しています」(週刊誌記者)

 出川の事務所が完全否定しても、11日のインスタグラムでは「私は嘘をつきません」と再反論。一歩も引かない構えを見せていたのも、暴露本が控えているからとすれば合点がいく。

 当時のマリエといえば、過激な発言も話題になった。

「嵐・松本潤や明石家さんまから好きな男性のタイプを聞かれると、『変態が好き』『あたし超ド級のM』『ちょっと叩かれるぐらいが丁度いい』と赤裸々発言。ロケバスの運転手と付き合ったことも明かしています。こうしたマリエの発言を聞きつけて紳助が近寄った…としても、あくまでテレビ用のトーク。関係を迫ったことが真実ならば許されることではありまえん」(芸能記者)

 ライブ配信が“序章”だとすれば、出川が枕を高くして眠れる日はまだしばらく先になりそうだ。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/04/13 20:00

マリエが1カ月前に予告していた「暴露本」のかなり攻撃的な中身のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

野生児の実像に迫る問題作『野良人間』レビュー

 文明社会とまったく関わることなく育った人間...…
写真
インタビュー

沖縄の少年少女…性風俗でも

「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を...
写真