日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 「シン・エヴァ」は「父看取り」の物語

「シン・エヴァ」は「父看取り」の物語―絶対的権威はもういらない? エンタメ界に流行する「父殺し」の消失

文=大室正志(おおむろ・まさし)

現代の父性はマツコにある!?

 80年代の物語作品には父性を倒してカタルシスを得る作品が多くある反面、SFやアニメでは母性を中心テーマに扱っていた作品も少なくない。そもそもエディプスの神話は父殺しを達成して母親と懇ろになりたい息子の話だが、エヴァにおける母性の描かれ方について大室氏は次のように解説した。

「ざっくり言うと、父性が『お前がそうは言っても、社会はそんなに甘くない』といった相対化のイメージなのに対し、社会的評価など関係なく絶対的な味方をしてくれる融合のイメージが母性なんですよね。ただ現代では分かりやすい父性母性の役割分担を描くことが難しい。少なくともとがった物語として描きにくい面はあるでしょう。だからこそ、“風の時代”的なマイルドスピリチュアルの話も近年増えているのかもしれません。風の時代のコンセプトは社会的権威(≒父性)の否定ですので。スピリチュアル的思考は社会的評価によらない自己肯定にはある程度有効です。またそれが連帯することで自我の境界線をなくし、自分と他人を隔てる疲れなどから解放される融合の気持ち良さがあります(テレビ版エヴァの最終回のように)。ただこれが行き過ぎると精神世界の気持ちよさから帰ってこれないという副作用もあるのですが……」

『とはいえ社会は……』と相対化してもの言う存在である父性と、『そうは言ってもお前だけは……』と全肯定してくれる存在である母性。大室氏はこうした従来の父性・母性的のモデルは、亜系としてしか生き残れないと語った。

「父性的な立場から物申して許されるのは、いまやマツコ・デラックスさんくらいしかいません。少しアイロニカルな言い方ですけど、普通のおじさんが言ったら、ポリコレ的にアウト。現代の父性はおそらく、マツコさんにあるんですよ」

伊藤綾(いとう・りょう)

1988年生まれ、道東出身。いろんな識者にお話を伺ったり、イベントにお邪魔するのが好き。SPA!やサイゾー、マイナビニュース、キャリコネニュースなどで執筆中。

Twitter:@tsuitachiii

大室正志(おおむろ・まさし)

1978年生まれ。現在、産業医として日系大手企業、外資系企業、ベンチャー企業、独立行政法人など約30社を担当。

Twitter:@masashiomuro

最終更新:2021/04/18 20:29
123

「シン・エヴァ」は「父看取り」の物語―絶対的権威はもういらない? エンタメ界に流行する「父殺し」の消失のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

「普通ではやらない東京五輪」は人命を犠牲にする暴挙か

今週の注目記事・第1位「4歳娘と無理心中...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真