日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 宮下かな子と観るキネマのスタアたち  > 山田洋次監督『幸福の黄色いハンカチ』奇跡のキャスティング
宮下かな子と観るキネマのスタアたち第10話

武田鉄矢の役者デビュー作! 高倉健、桃井かおりがピシャリとハマった奇跡のキャスティング山田洋次監督『幸福の黄色いハンカチ』

文=宮下かな子(みやした・かなこ)

武田鉄矢の役者デビュー作! 高倉健、桃井かおりがピシャリとハマった奇跡のキャスティング山田洋次監督『幸福の黄色いハンカチ』の画像1
イラスト/宮下かな子

 こんばんは! 宮下かな子です。

 4月もあっという間に過ぎてしまいそうですね。今年はなんだか例年以上に、春がざわめいているような感覚があります。昨年(2020年)のこの時期、緊急事態宣言が発令されて社会が停滞していたせいかもしれません。

 まだまだ予断を許さぬ状況が続いていますが、新しい季節はやっぱりワクワクします。とは言いつつ私の生活は特に変化はないのですが。穏やかに春を満喫している今日この頃です。

 そして皆さま、この「宮下かな子と観るキネマのスタアたち」が、今回で第10回目の配信となります!

 ようやく10回目ーーー! いつも読んで下さっている皆さま、本当にありがとうございます。隔週で配信させて頂いていますが、「次は何を観ようかなあ」とか「来週バタバタしそうだから今のうちに書かないとなあ」だとか、毎日何かしらの形でこの連載のことを考える日々を送っています。

 連載が始まってから、1つの映画を何十回も見直すようになり新しい発見ができたりだとか、雑誌やウェブサイトの記事等も隈なく目を通し、言葉や文章の書き方に目を向けるようになりました。成長するきっかけの場を頂けて、本当に感謝しています。自分の表現の乏しさに心折れそうになることもしばしばありますが、コツコツと、長く、この連載を続けていけたらいいなと考えておりますので、皆さま、今後もお付き合いよろしくお願い致します。

 さて、そんな記念すべき10回目は、〝名作だけど実は観ていない映画〟に挑戦してみようと思い立ちました。この作品を観ていないと公表するのは相当お恥ずかしいのですが……今回は、山田洋次監督『幸福の黄色いハンカチ』(1977年松竹)を選びました!

「これを観ずに、あんたは何を語ってたんだ!」って誰かに叱られてしまいそうですね……(誰に)。

 この年のキネマ旬報ベスト1位をはじめ、第1回日本アカデミー賞をずらりと総なめ、ブルーリボン賞や毎日映画コンクール等、数々の賞を受賞した、山田洋次監督の不朽の名作。今回を機に、じっくり鑑賞させて頂きます!

〈あらすじ〉失恋した花田欽也(武田鉄矢)は、勢いで車を購入し、東京から北海道へ降り立った。街で声をかけた小川朱美(桃井かおり)とドライブを始めると、刑期を終え出所したばかりの島勇作(高倉健)に出会い、彼も車に乗せることに。偶然出会った3人の旅が始まる……!

 あぁ……何故こんなにも素晴らしい映画を、女優という仕事に就いておきながら今日まで観てこなかったのか……私は反省しなければなりません。

 まず圧倒されたのは、やはり、島勇作を演じた高倉健さん! 登場早々に、街の食堂でビールを飲む姿がもう最高。ビールが注がれたコップを両手で包むように丁寧に持ち、一気飲み干すこの時の、ビールが全身に行き渡ったような美味しそうな表情といったら……! もうたまらなく感動しました! ビールを飲むこのシーンから、島勇作という男がただの一般人ではないぞとはっきり分かるんです。

 勇作は6年間の殺人罪からようやく釈放された身。そんな男が久々に飲むビール、どれだけ味わい深いことか。ビールの飲み方ひとつで、彼のバックボーンがひしひしと感じられるとは、やっぱり高倉健! すごい!!!

 この後勇作は、醤油ラーメンとカツ丼も注文し、夢中で頬張る後ろ姿が映し出されるのですが、これまた良い背中で。健さんはこの食堂での撮影シーンのために、2日間絶食したとのこと。少しは食べたほうが良いのでは、と心配するスタッフに「エサを与えると仕事をしなくなるんです」なんて言葉を返していたそうです。

 そんな男と対極に描かれているのが、物語を動かすおちゃらけ男、武田鉄矢さん演じる花田欽也。不器用だけど誠実な主人公勇作と真逆なこの凸凹感。欽也の自由奔放な性格が、とても伸びやかなお芝居で表現されていて、笑いのセンスも当然ピカイチ。武田さんにハマり役だなと納得の愛されキャラなのですが、これが、武田さんの役者デビュー作なんですねぇ。

 この作品で欽也を演じていなかったら、あの金八先生もなかったかもしれない……そう思うととても感慨深いです。

 そこに、桃井かおりさん演じる小川朱美の存在があって、欽也と朱美、この2人のお騒がせコンビ感が視聴者を楽しませてくれます。朱美のはじめにちょっぴり影のある要素には、「え! あれが桃井かおりさん!?」と驚いてしまうのですが、旅を経て少しずつ朱美の心が解れていくと、徐々に本来の桃井かおりさんの自由さしなやかさが解放されていくようでとても愛らしい!くるくると変化する表情は、画面を鮮やかに豊かに彩っているよう感じられます。

 失恋をした欽也と朱美のお騒がせ男女と、欽也とは真逆な性格の勇作が、偶然この旅という形だからこそ出会い、時間を共にできたという設定と3人のキャラクターバランス。これを、山田監督ならではの喜劇要素を体現できる、今回役者デビューの武田鉄矢さんがいて、映画界のスターであり、人情ものを演じられる高倉健さんがいて、そんな2人の男性をしなやかに支えながら自身を解放できる桃井かおりさんがいて。この演じる役にぴしゃりとハマった3人の奇跡のキャスティングが、名作を生み出した1つの要因だろうと私は思います。

12

武田鉄矢の役者デビュー作! 高倉健、桃井かおりがピシャリとハマった奇跡のキャスティング山田洋次監督『幸福の黄色いハンカチ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

HUNGER(GAGLE)が語った3.11のこれまでとこれから

 2011年3月11日14時46分――甚大な被害を及ぼした東日本大震災から10年とい...
写真