日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 地方局現役女子アナが見る“ステマ騒動”

フジ局アナの“ステマ騒動”を地方局現役女子アナ「私はこう見る」

フジ局アナのステマ騒動を地方局現役女子アナ「私はこう見る」の画像1
写真/GettyImagesより

 年々規制やコンプライアンスに対する締め付けが厳しくなるテレビ業界に、激震が走った。

 在京テレビキー局のフジテレビ女性アナウンサーがステルスマーケティングに加担している疑惑が4月15日、「週刊文春」(文藝春秋/22日発売号)で相次いで報じられた。

 高級美容室でのサービスを無料で受けていたというもので関わったのは7人。総額200万円超と報じられ、上司のアナウンス室長が10万円相当のギフトカード持参で火消しに走ったり、女子アナ本人たちはまったく反省の色を見せていない……とまで報じられている。

 同局は「ステルスマーケティングに該当する行為はない」としているが、在京テレビ局関係者は「ステマ以前に、タレント気取りで会社員の意識が欠落している証拠。ただ、昔からタダで美容関係をフォローしてもらうことはあったが、SNSで発信しているから足跡が容易に見つかってしまい、今の時代の子たちはある意味かわいそうな面もある」と話している。

 ただ、これらはフジテレビの女子アナが特別なだけということではない。

 地方局の現役局アナに聞くと「フジテレビのかたは有名なので狙われただけで、地方でもこの手のことは日常茶飯事ですよ」と笑いながら実情を口にする。

 まず、同じように美容関連のステマは「“女子アナあるある話”ですね。髪切りからパーマ、ネイル、まつエクまで総合的にタイアップしてもらい、SNSに載せることもあります。お金ですか? 例えば誕生日の月ならプレゼントの形で無料にしてもらうことは多い。他のタイミングだと髪を切る料金だけ払って、後はすべてサービスしてもらう。お店側も商売なので、イメージの良いアナウンサーが通っているとSNSなどで知ってもらえればいい評判も立つので、むしろタダでも使いたいのが本音です」。

 次に多いのは飲食店。さすがに料金すべてを無料というわけにはいかないが「何も言わなくても勝手に一品、二品、三品が出てくることはザラ。優越感に浸りたいから優遇してくれるお店しか行かない輩もいます」。

 農家や漁師のロケ、ニュース取材に行けば「市場に出回る前の新鮮な野菜、肉、魚を食べきれないくらいもらうこともよくある。局に帰っておすそわけすればみんな、喜んでくれる。女子アナだけがおいしい目ばかりしているわけではないのですけどね」という。

 とはいえ、SNSが発達した世の中でいつ、誰が見ているかわからない。女子アナの皆さん、ご用心を……。

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2021/04/26 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

山崎製パンで特大スキャンダル

今週の注目記事・1「『売上1兆円超』『山崎製パ...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真