日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > やっくん、丸川五輪相と小池都知事に苦言

薬丸裕英が揉める丸川五輪相と小池都知事に苦言「まったくチームワークがない」

薬丸裕英が揉める丸川五輪相と小池都知事に苦言「まったくチームワークがない」の画像1
所属事務所ウェブサイトより

 29日放送のフジテレビ『バイキングMORE』に、タレントの薬丸裕英が生出演。丸川珠代五輪担当大臣と東京都小池百合子都知事との東京オリンピック・パラリンピック期間中の医療提供体制を巡るやりとりに苦言を呈した。

 丸川五輪相は27日の会見で医療提供体制について「私が知る限り、東京都が厳しいコロナの中で開催するために、どのように取り組んで行くのか、具体的なことをまだお示しをいただいてない」と東京都の対応に不満を漏らした。それに対して同日小池都知事は「すでに実務的には詰めております。これは連携しながらやっていくこと」と応戦。

 翌28日に丸川五輪相はオンラインで行われた「5者協議」の後の会見で「東京都が主催者ですから、当然のことながら東京都と連携をしていきたいと思っております。コロナ対応の医療から医療関係者を大会が取ってしまうのではないかという懸念が生じていることを伝えた」とコメント。

 一方小池都知事は「(丸川五輪相とは)私のほうからやりとりはしていない。私からはコロナ対策やそれからワクチンが、いつまでに、どの程度接種ができるかの見通しについて、お話をしました」と話した。

 MCの坂上忍はこのやりとりに「相変わらず政治家の皆さんは、足の引っ張り合いとか、罪の擦り付け合いとかが好きなんだなと」とポツリ。

 薬丸は「オリンピックってスポーツの祭典じゃないですか。スポーツってチームワークが大切ですよね。チームワークで成り立つものを、その開催する人達が、全くチームワークがないんですよ! 言葉ではワンチームとか言ってて」と両者嚙み合わない様子に苦言を呈し、「マイクを通して、画面を通してやり合ってる姿、聞かされる国民も、気持ちよくないですよ!」と不快感をあらわにした。

 もう特集が終わろうとしているさ中、薬丸は「選手が本当に可哀想!」と口を挟むと、「世の中の流れがおかしくなっちゃって、“え、オリンピックやるの?”みたいなことなっちゃうと。日々努力されてるんですよ!」と嘆き、五輪開催の批判の矛先が選手に向かないことを願った。

 今回、丸川五輪相と小池都知事のチームワークのなさが浮き彫りになったが、政府と東京都が五輪開催に向けワンチームにならないと、坂上&薬丸筆頭に『バイキングメンバー』がワンチームでこれからも批判していくだろう。

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2021/04/30 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真