日刊サイゾー トップ > 芸能  > 恵俊彰、聖火リレー強行参加の「代償」

『ひるおび!』恵俊彰、聖火リレー強行参加の「代償」

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

『ひるおび!』恵俊彰、聖火リレー強行参加の「代償」の画像1
TBS『ひるおび!』ウェブサイトより

 情報番組『ひるおび!』(TBS系)のメインMCを務めるタレント・恵俊彰が28日、鹿児島県内で東京五輪の聖火ランナー参加のため番組を途中退出した。東京都の小池百合子知事は、新型コロナウイルス感染拡大のため都を跨いだ移動をやめるよう呼びかけている中だけに波紋を呼びそうだ。

 日々番組でコロナやワクチンに関する情報を取り扱っているだけに恵も「本当にもどかしい」と話したが「聖火ランナーを走るため今日午後の放送は欠席させていただく」と表明。小池都知事の呼びかけも承知しており「本当に悩みました」と心境を吐露。悩みに悩みぬいて浮かんだのはこれまで取材した五輪候補選手たちの顔だといい、今の感染状況では「是が非でもやるべきとは思っていない。いちるの望みがあるならやってほしい」と訴えた。

 恵自身は鹿児島へ移動する前に抗原検査で感染の有無を確認、リレーも公道を走らないというが永田町関係者からは「あれだけコロナ禍を煽っておいて、自分は“記念に残る聖火ランナー”を捨てきれず参加。開いた口が塞がらないとはまさにことのこと。恵の参加を許したTBSの姿勢も疑う」と厳しく非難した。

 また、在京テレビキー局関係者も「今、ワイドショーを含めた情報番組はいかにコロナウイルス感染拡大を抑えるか、ワクチンが不足するなかで政府の対応を連日、批判している。その代表格の番組を仕切る人間が人流を抑える協力さえできないのは、正直、かなり厳しいですね。今後、同番組をめぐっては都庁や永田町取材で現場記者が嫌味を言われたり取材に協力してもらえないなど有形無形の影響が出ると思う」と話す。

 タイミングが悪いことに、この日には沖縄県で5月1日、2日に開催される五輪聖火リレーランナーを予定していた元女子プロゴルファーの宮里藍が参加辞退を発表。一部報道機関の問い合わせに政府が4都府県への緊急事態宣言発令を受けて沖縄への移動を控えるため参加を見送ったと説明したのだ。1964年の東京五輪では父の宮里優さんが聖火リレーに参加しており、2代続いてのランナーとはならなかった。

 TBS関係者も「恵さんご本人がどうしても参加にこだわったのでしょう。猛批判を浴びることも覚悟してのリレー参加ですが、一番心配なのは今後も番組に出続けること。視聴者の信用、信頼はどう得られるんでしょうかね」と首をかしげる。

 間が悪かったで終わるかは微妙なところだろう。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/05/03 10:00

『ひるおび!』恵俊彰、聖火リレー強行参加の「代償」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真