日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 君島かれんのサヴェージ恋愛相談所  > 君島かれんのサヴェージ恋愛相談所【3】

君島かれんのサヴェージ恋愛相談所【3】「ウチの周りではシングルマザーはモテる説がある」

文=君島かれん(きみじま・かれん)

君島かれんのサヴェージ恋愛相談所【3】「ウチの周りではシングルマザーはモテる説がある」の画像1
 グラマラスなボディを武器に、クラブのステージで扇情的に踊ってきたゴーゴー・ダンサーの君島かれん。近年はラッパーとしても活動し、そのセクシーなルックスやファッション、破天荒なライフスタイル、歯に衣着せぬ物言いなどで若い女子を中心に支持されているギャルのインフルエンサーである。そんな彼女が、インスタグラム(@dancer_karen.k)で募集したピュア系、エロ系、犯罪系、メンヘラ系……さまざまな恋愛相談に容赦なく答えていく!

【相談1】
高校生です。中学の頃、周りから「カップル」っておちょくられてた相手、その頃は好きぢゃなかったのに今さら好きになってしまいました。でも、高校遠くて、向こう部活で忙しくて会えないし、SNSやってなくて、LINEもつながってなくて、連絡手段がありません。共通の友達も彼の連絡先知らなくて、諦めようと思うんですけど、やっぱ大好きなんです。どうすればいいですか?

 今さら何を見て好きになったわけ? 今、カッコいい人もいないし、好きな相手がいないから、中学時代が恋しくなってるだけなんじゃね? 会ったらたぶん冷めちゃうから、会えないけどやっぱ好きっていう気持ちを楽しんだほうがいいかも。理想と現実って違うから、遠くから見て「いいな」と思っても、付き合ってみたら「全然こいつじゃねぇわ」ってなることが多い。好きな俳優さんも、実際会ってみたら「あ、そっち系だったんだ⋯⋯」とかなったりするからね。ほんとにその人が好きだったら、会う方法なんていくらでも考えることができるはず。それをしないってことは、思い出に浸ってるくらいがちょうどいい。綺麗なまま取っておいたほうがいいよ。

【相談2】
セフレばっかできて、本気で好きな人ができません。

 ウチもそうだった。これがフツーだと思う。ちょっとしたことですぐ人を好きになるヤツのほうがおかしいと思ってる。寂しくてセフレは作るんだけど、理想と違うからその相手は好きになれないってだけ。なんも悪くないから、そのままでいいよ。そのうち、理想の相手が現れたら勝手に好きになるから、急ぐ必要ない。なんとか恋愛しようとしている人のほうが無理だな。

【相談3】
自分の性器が小さいのが悩みです。

 知らん。悩んでもどうにもできないから、テクニックを磨いたら? 相手を満足させるのはチンコがすべてではない。むしろ、チンコが大きい人は「デカいからイケる」ってがんばらないイメージがある。小さいほうが伸びしろを感じるね。

【相談4】
ちんが曲がってるのですが、そーゆー人は嫌われますか?

 上に同じ。人それぞれだし、自分の生かせる方法を考えましょう。それが好きって人もいるから、ネットで検索。

【相談5】
シンママの恋愛、どう思いますか? いつも子持ちがネックでフラれます。

 「子持ちがネック」っていう言い方が気に食わねぇ。自分で選んだ道なんだから、そんなこと言うなよ。どうせ、いつも子どもがいることを隠して男に近づいてるんでしょ。で、途中で「実は⋯⋯」と明かしてるんじゃないかと。そのとき「え、子どもいんの?」って引いちゃう男なんて、どうでもいいんだよ。

 むしろ、ウチの周りではシングルマザーはモテる説がある。「守ってあげたい」「一緒にがんばってあげたい」という男心をくすぐるんだって。だから、大丈夫。

 最初からSNSに子どもの写真を載せまくったり、「私、子どもいてがんばってるんだ」「ひとりで大変だけどやりがいあっていいんだよね」と言ったりして、その状態で寄ってくる男を選ぶといいよ。そのほうがいい男と出会えると思うし、「子持ちがネック」なんて言う女より好感度が高いよね。

(構成/安楽由紀子)

※注1:各相談は記事化にあたり文面を若干調整しています。
※注2:今後の恋愛相談の募集はインスタグラムのアカウント(@dancer_karen.k)にて行う予定です。ご希望の方は、そちらをフォローしてください。

君島かれん(きみじま・かれん)

君島かれん(きみじま・かれん)

1996年生まれ。川崎市出身。ゴーゴー・ダンサーとして全国各地のクラブで活動し、多数のラッパーのミュージックビデオやテレビなどメディアにも出演してきた。若い女子を中心に支持を得ており、インスタグラムのフォロワーは約18万人。2020年1月、Queen Bという名前のラッパーとしてデビューし、シングル「#Nakami0」を発表。同年7月、初のEP『Can't handle it』をリリースした。さらに、アパレルブランド「B Sting」とジュエリーブランド「Q.Bee JEWELZ」も展開している。

Instagram:@dancer_karen.k

https://www.instagram.com/dancer_karen.k/?hl=ja

最終更新:2021/05/05 14:00

君島かれんのサヴェージ恋愛相談所【3】「ウチの周りではシングルマザーはモテる説がある」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

野生児の実像に迫る問題作『野良人間』レビュー

 文明社会とまったく関わることなく育った人間...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真