日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 首相「緊急事態宣言は期間を短く」「高齢者ワクチン接種完了」の不可解さ

首相「緊急事態宣言は期間を短く」「高齢者ワクチン接種完了」の不可解さ

眞子さまが小室圭さんを叱咤――二転三転する対応の背景

 さて、小室圭が大部の文書を公表したことで批判が巻き起こり、秋篠宮眞子さんにも矛先が向いたことは前回書いた。

 文春によれば、この文書には眞子さんの意向が大きく反映されているというのだ。例えば、金銭トラブルが借金だとされてしまえば、「将来の私の家族までもが借金を踏み倒そうとした人間の家族として見られ続ける」という箇所などがそうだと指摘している。

 こうした眞子さんが小室圭をリードし、たしなめることは以前からあったという。婚約内定後に小室圭が、朝、眞子さんと電話で挨拶を交わしたことを報道陣に話してしまったときも、皇室につながる人間にはあり得ないと批判されたが、

「そんな小室さんを、眞子さまはあるときこう?った。
『甘いのよ!』
 それ以降、小室さんは自身の対応を逐一、眞子さまに相談しているという」(文春)

 2019年1月に小室圭が文書を出した後に、複数のメディアが「金銭問題は解決済み」と報じたことを、誤報だと代理人の上芝弁護士が謝罪要求したときも、「“眞子さまのご意向”をチラつかせた」(同)そうである。

 ニューヨークに留学中の小室圭が、日本の番組をチェックしていたとは考えづらい。眞子さんからの指示ではないかというのだ。

 主従が逆転した形だが、新潮は、小室母子のトラブルに積極的に介入している眞子さんを、「将来を覆いつつあるリスクは、すみやかに“損切り”せざるを得ない」と皇室や宮内庁は考えていると報じている。要は、結婚するのは仕方ないが、眞子さんは皇室から追放するというのである。

 このような事態が秋篠宮家内のムードを険悪にしてきたが、こうした情景の刷り込みが、悠仁さんの「帝王教育」に何らかの影響を与えるのではないかと、新潮は憂えている。

 小室文書を受けて、元婚約者は現代で、「今回の件で、眞子さまも思い詰めていらっしゃるのではないかと思うと申し訳ない気持ちになります。ただ、あの文書と『解決金』については、私も強い違和感があり、自分の気持ちを表明しないわけにはいかないと思ったのです」と、再びおカネは受け取らないといっていた。

 だが、その舌の根も乾かないうちに、代理人の現代記者を通じて、「解決金の交渉ができればと考えています」(スポーツニッポン4月28日付)と表明したというのだ。

「何なんだこの連中は!」、そう思わざるを得ない。小室圭は文書を出したすぐ後に解決金を払うといい出し、受け取らないといっていた元婚約者も前言をあっさりと翻してしまう。

 人間として“未熟”というしかない。2人の結婚を応援してきた私も、いささか呆れ果てている。

123456789
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed