日刊サイゾー トップ > 芸能  > おっぱい系YouTuber最前線

日本で発達した微エロ(?)ジャンル──規制されるかはアルゴリズム次第! おっぱい系YouTuber最前線

文=ゼロ次郎

日本で発達した微エロ(?)ジャンル──規制されるかはアルゴリズム次第! おっぱい系YouTuber最前線の画像1

──昨年からYouTubeで顔は出さずに首から下のみの露出ではあるものの、豊満なバストを強調した衣装で、料理や楽器を演奏する様子を撮影した動画を公開する女性YouTuberが増えている。ここでは真面目におっぱい系YouTuberについて考えていきたい。

 今や職業のひとつとしてすっかり定着しているYouTuberだが、市場は飽和状態だ。特に2020年は、新型コロナウイルスの影響で芸能人などの参入が相次ぎ、もはや素人が裸一貫から人気を獲得するにはかなりハードルが高くなっている。

 その結果として、チャンネル登録者数を増やすための手法も先鋭化しているわけだが、中でもひときわ注目を集めているのが「おっぱい系YouTuber」と呼ばれる女性たちである。

 おっぱい系YouTuberとは、その名の通りおっぱいを強調した姿で動画配信を行うYouTuberで、大半が巨乳の女性たちで占められている。動画の内容は多岐にわたるが、代表的な存在としては、アニメキャラのコスチューム姿でピアノを演奏する「Pan Piano」や、体にぴったりフィットする服装でさまざまな料理を披露する「くまクッキング」などが挙げられる。彼女たちの多くは顔を出しておらず、カメラの視点がおっぱいにフォーカスされているのも特徴的だ。

「おっぱいさえ強調すれば何をやってもOK」「顔に自信がなくてもできる」といった汎用性の高さからおっぱい系YouTuberの人口は急増しており、先に挙げた2名の後追いこそ多いが、新たなジャンルも次々と開拓されている。

 そんな彼女たちに対しては「男性の心理をうまく突いている」「発想の勝利」といった肯定的な意見がある一方で、「やり方が下品」「女性を売り物にしている」などの批判的な声も多い。

 しかし、おっぱい系YouTuberが多くのチャンネル登録者数を獲得しているのは紛れもない事実。この潮流について、専門家はどう思っているのか? 巨乳専門の情報サイト「FOB 巨乳動画と画像掲示板」を20年以上運営し、「週刊プレイボーイ」(集英社)や「週刊ポスト」(小学館)などで巨乳評論家として活躍している杜哲哉氏は、こう語る。

「仕事柄、巨乳のAV女優とグラドルは注視しており、コロナ禍の影響でYouTubeに新規参入する人が増えているのは肌で感じておりましたが、そのほかにもこれほどまでにおっぱい系YouTuberが増えているとは思いませんでした。また、たくましいなぁとも思います」

 おっぱい系YouTuberの躍進は、専門家も驚かされる勢いのようだ。それでは、杜氏が気になっているおっぱい系YouTuberは誰なのだろうか?

「まずは、ASMRを中心に活動している『ばかなんす! 《日南-canan-》』さんです。おっぱいの大きさが圧倒的なのが、まず第一。あとは、声のかわいさが魅力ですね。日南さんは10年以上も前からニコニコ生放送で活躍しており、活動形態を変えつつYouTubeに進出しました。数年前までは彼女のような人に収益化の手段はほとんどありませんでしたから、時代が彼女に追いついた感がありますね。

 次に『トランプ・コインマジック種明かし教室』は、一芸に秀でているところを余すことなく活用し、ブレないのがいいですね。ぴったりフィットした服と、徹底して谷間を見せないスタイルも好感が持てます。

 また、人口の多い料理系、特にくまクッキングインスパイア系では『ママはお料理勉強中』に注目しています。なにしろ一番おっぱいがデカ……センスを感じたので。ひたすら旦那が羨ましい&結婚っていいかもなと思わせる、ほのぼのとしたところもいいですね」

 専門家を唸らせるおっぱい系YouTuberは、おっぱいのサイズ以外にも何かしらキラリと光る魅力を持ち合わせているようだ。

 日本国内だけでこれほどバラエティに富んでいるのだから、海外にもさぞや目を引くYouTuberがいるのだろう……と思いきや、おっぱい系YouTuberは日本を中心としたムーブメントのようで、先述した「Pan Piano」や「くまクッキング」などが、アジアや欧米のメディアから好奇の目で取り上げられている。特に、くまクッキングが行っている「衣服の胸部に企業広告を出す」という手法は「ユニークな広告戦略」として話題になっていることが多かった。思いつきそうで誰もやっていなかった、おっぱいを用いたビジネスモデルのようだ。

 他方で、YouTubeが登場する以前にも、日本のネット上ではこのようにおっぱいを強調した画像や動画で稼ぐ素人女性はいたのだろうか?

「巨乳系では、02年あたりから『まゆまゆ☆くらぶ』というサイトで、スレンダー巨乳の女性が、バストトップを隠したセクシー画像をCD-Rで売っていたのを鮮明に覚えています。巨乳マニアでネット環境がある人にとっては、結構メジャーな存在でした。04年頃には、さらに胸が大きい『RENA’s Room』が登場し、それに追従する人も現れ、巨乳女性がインターネットでCD-RやDVD-Rで写真集を売るというスタイルが確立されています。また、私が運営するサイトの投稿掲示板にも、自撮り画像を投稿する女性はいました。入れ代わり立ち代わりで、トータル50名はいたでしょうね。その方々は商売をするというよりも、承認欲求を満たしたり、コミュニケーションを取って楽しみたいという方々でした。ところが、SNSの発展と共に自分で発表できる場を得たのか、掲示板に投稿されることはほとんどなくなりました」(同)

12

日本で発達した微エロ(?)ジャンル──規制されるかはアルゴリズム次第! おっぱい系YouTuber最前線のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

氷室京介を独自に更新した DEATHRO

 ライブハウスのみならず、公園、レストラン、バー、市民会館、うどん屋、ダムなどをスタ...
写真