日刊サイゾー トップ > 社会  > 子ども向けインスタ、計画に物言い!

子ども向けインスタグラム、計画段階で頓挫の可能性? アメリカで問題視される理由

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

フェイスブックにまたひとつ悩みの種が増えたようだ。フェイスブックが運営するインスタグラムの子ども向けバージョン「Instagram For Kids(仮称)」の開発を進める同社のCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏に対し、アメリカの各州の司法長官が連名で同サービスのリリースを中止するよう求めたというのだ。

2021年となって以降フェイスブックは、アップルの“プライバシー保護強化”の動きやニュース使用料での騒動があったりと悪戦苦闘が続いている。ここにきて新サービスの差し止めまでされたとなれば、すべてを合わせれば軽傷では済まないダメージになるのではないだろうか。

フェイスブックが進める“子ども向けインスタグラム”計画に物言い

 全米44州の司法長官らはアメリカ時間5月10日、ザッカーバーグ氏に宛てて“子ども向けインスタグラム”を立ち上げる計画の中止を求める手紙を出したという。「ソーシャルメディアの使用は子どもの健康や福祉にとって害となり得る。子どもはソーシャルメディアのアカウントをもつことにより生じる困難な状況への対処能力を備えていない」と指摘し、子どもに悪影響を与えるサ…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/05/17 12:30

子ども向けインスタグラム、計画段階で頓挫の可能性? アメリカで問題視される理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(1)

 東京ドームで6月13日、格闘技イベント「RIZIN.28」が開催される。同...
写真