日刊サイゾー トップ > ライフ  > 「富士そば」伝説のボツメニュー「まるごとトマトそば」のその後

「富士そば」伝説のボツメニュー「まるごとトマトそば」のその後… 幻のトマト系「珍そば」「奇そば」を振り返る! 

「富士そば」伝説のボツメニュー「まるごとトマトそば」のその後… 幻のトマト系「珍そば」「奇そば」を振り返る! の画像1
「モリンガそば」は、ガストロノミーさながらの見映え

 螺旋をなしたそばを土台にして、積み重ねられた大根おろし、茄子の煮浸し、ピーマンの盛りつけは、さながら“三重塔”のよう。その頂点には、トマトの煮びたしがちょこんと添えられる。

 SNS映え抜群のこの一杯は、立ち食いそばチェーン「名代 富士そば」が今年の4月に試作した「モリンガそば」。そばがうぐいす色をしているのは、栄養価が高いとされる「モリンガ葉」を生地に練り込んでいるため。健康志向のユーザーをターゲットに設定したが、「盛り付けの再現が困難」との理由から、販売には至らなかった。

 モリンガ葉の発色もさることながら、とりわけ目を引くのがシンボリックなトマトの存在だ。立ち食いそばとトマト……異質な組み合わせにも映るが、富士そばではさほど珍しいことではない。筆者が知る限りでも、この7、8年の間におよそ年一ペースでトマト系メニューが開発されているのだ。

「富士そば」伝説のボツメニュー「まるごとトマトそば」のその後… 幻のトマト系「珍そば」「奇そば」を振り返る! の画像2
「肉トマトつけそば」のトマト風味のつけ汁でいただく

 2014年には2種類のトマト系メニューが登場した。新小岩店の「肉トマトつけそば」がそのひとつ。トマトフレーバーのつけ汁にはひき肉が入っており、どこかミートスパゲティを彷彿とさせる。

「富士そば」伝説のボツメニュー「まるごとトマトそば」のその後… 幻のトマト系「珍そば」「奇そば」を振り返る! の画像3
強烈な見た目の「冷やし肉トマトそば」。食べごたえあり

 もう一品は、市ヶ谷店の「冷やし肉トマトそば」。そばにはトマトペーストが豪快にぶっかけられており、つけそばとは対照的だ。どちらもコンセプトは異なるが、トマトの味わいを前面に押し出している。

「2014年は、社内でヘルシーメニューを売り出そうとしていた時期です。夏野菜を使う方向で話が進み、いくつかの候補から選ばれたのがトマトでした。抗酸化作用のある栄養素リコピンを含んでいますし、鮮やかだから見映えもいい」

 そう話すのは、富士そばを運営するダイタンホールディングスの広報担当・工藤寛顕氏。自身も過去にトマト系つけそばを考案したことがある。

「つけ汁のレシピはいたってシンプル。盛りそば用のつゆとトマトジュースを混ぜただけです(笑)。手間がかからないうえに、味の印象もガラリと変わる。こうしたアレンジ用としての使いやすさもトマト系メニューが定期的に開発される理由です」

「富士そば」伝説のボツメニュー「まるごとトマトそば」のその後… 幻のトマト系「珍そば」「奇そば」を振り返る! の画像4
具だくさんで満足度が高い「トマトスープの洋風海鮮そば」

 そのほか、海鮮エキスとトマトスープをかけ合わせた「トマトスープの洋風海鮮そば」や、フライドポテト、ソーセージ、カットトマトを盛りつけた「ブレーメンそば」なども。個性豊かなメニューの数々が、トマトのもつポテンシャルの高さを物語っている。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed