日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 北川景子“共感されない女優”卒業

北川景子、『リコカツ』という正念場で切り開いた新境地

文=南沢けい子(みなみさわ・けいこ)

『リコカツ』公式サイト
『リコカツ』公式サイトより

 北川景子の女優としての評価が上がってきているようだ。永山瑛太と共演しているドラマ『リコカツ』(TBS系)での北川の演技が「引き込まれる」「泣きの演技が凄い」と好評だ。
 
 同ドラマで北川は出版社に務める美人編集者・水口咲の役を演じ、真面目で堅物な自衛官・小原紘一と、結婚と離婚をめぐりすれ違ってゆく切ないラブストーリーを展開している。互いに大切に思い合いながらも、第6話のラストではついに離婚が成立、5月28日に放送された第7話でも、偶然の再会に心揺さぶられながら、またもすれ違ってしまう2人の切なくもどかしい展開が描かれていた。

かつては「ワンパターン」「共感できない」などと酷評された過去も

 北川といえば、まず注目されるのはその類まれな美しい容姿だろう。2003年のデビュー以来、数々の映画やドラマに出演、女優としてのキャリアも今年で18年になる。だがその美しさがもてはやされる一方で、演技に対しては「表情が硬い」「セリフが棒読み」「顔の演技がワンパターン」などと酷評されることもしばしばだった。2016年に北川が主演し大ヒットした代表作『家売るオンナ』(日本テレビ系)では、無表情で機械的な役柄がうまくハマっていたが、その後出演した2018年公開の映画『スマホを落としただけなのに』などではさほど高い評価の声は聞こえてこなかった。
 
 飛び抜けたキャラなら良いのだが、どこにでもいる普通の女性というような役柄では、美しさばかり目立ってしまい、見る側はうまく感情移入ができずに共感が得づらいのだ。「美形過ぎて、何をやってもどうも嘘くさく見える。『こんなかわいい〇〇いねえよ。』みたいな」などと言った男性側の意見や、女性からも遠い存在すぎて共感しづらい、と言った意見もあり、それが北川抱えてきた女優としてのジレンマでもあった。

ジレンマを乗り越え、新境地へ

 だが今度の『リコカツ』で、北川は確かに一皮むけた演技を見せている。2020年に第一子を出産後、初の連ドラ出演ということで当初から注目を集めていたが、同時に女優として正念場を迎えていた北川。彼女が演じる咲は幼い頃からその容姿のせいで妬まれ、努力が評価されないことに悩みを抱える美人編集者の設定なので、違和感を抱くこともない。すっぴんで度入り眼鏡をかける姿も度々登場し、憧れの存在というよりも身近で親近感が湧く印象を与え、共感を得ることに成功しているように感じる。
 
 これまで硬い、ワンパターンなどと言われてきたが、第7話で紘一との再会に喜ぶが、そこに“恋のライバル”が登場し、逃げる咲を紘一が追いかけ呼び止めるも、再びライバルに捕まったのを見て走り去る、というシーンなどでは、セリフがないなか切なさや期待、怒り、落胆の感情がありありと表情に表れ、胸に迫る演技を見せていた。第6話での離婚届を提出し号泣するシーンも、多くの共感を呼んでいた。「北川景子は本当に演技が上手くなったなぁ…特にリコカツでかなり自然になってる気がする」「北川景子、演技力上がった?」などと称賛する声が続々と上がっていた。
 
 6月4日には第8話が放送される『リコカツ』。物語も終盤に近づいてきているが、紘一は咲の幸せを願うあまりに、咲に言いよる元彼を尾行し始めるなど、まだまだおかしな展開が待っていそうだ。北川の演技にも注目しつつ、今後の2人の展開を楽しみたい。
 
■番組情報
金曜ドラマ『リコカツ』
TBS系・毎週金曜午後10時~
出演:北川景子、永山瑛太、高橋光臣、白洲 迅、宮崎美子、酒向 芳、三石琴乃、平田満 ほか
脚本:泉澤陽子
演出:坪井敏雄、鈴木早苗、韓 哲、小牧 桜
プロデューサー:植田博樹、吉藤芽衣
音楽:米津玄師
製作:TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/

南沢けい子(みなみさわ・けいこ)

南沢けい子(みなみさわ・けいこ)

愛知県名古屋市生まれの食いしん坊ライター。休日はNetflixやAmazonプライムを駆使して邦画や洋画、海外ドラマを観まくるインドア派だが、Netflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』に影響されて20インチのミニベロを購入。主人公の男の子たちになった気分でサイクリングロードを走るのが最近の楽しみ。

最終更新:2021/06/04 11:00

北川景子“共感されない女優”の汚名返上か…『リコカツ』という正念場で切り開いた新境地のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真