日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ミタパン「名家お嬢様の意地」炸裂

フジ・三田友梨佳アナ、ステマ疑惑の謝罪文で炸裂した「名家お嬢様の意地」

文=斉木順(さいき・じゅん)

フジテレビアナウンサー公式サイト アナマガより

 今年4月に「週刊文春」(文藝春秋)が報じ、フジテレビのアナウンス室が大揺れになった「女子アナステマ疑惑」騒動。「疑惑」の女子アナたちが続々とInstagramに謝罪文を掲載しているが、その中で「ミタパン」こと三田友梨佳アナだけが“異質”な文章を掲載したことが話題になっている。

 同騒動は、フジテレビの井上清華アナ、三上真奈アナ、宮澤智アナ、久慈暁子アナらが美容室やエステサロンで無料でサービスを受け、その代わりに店のSNSへの写真掲載などを許可していたというもの。これが文春によって「ステルスマーケティングではないか」と追及され、一部で「ぺ二オク騒動の再来」といわれるなど大きな問題に発展していた。

 フジ側は当初から「ステマにはあたらない」としていたが、5月28日になって「社員就業規則に抵触する行為があった」とし、今月3日から問題の女子アナらが続々と謝罪文を発表。しかし、ほぼ全員が判で押したように「報道された件に関して」と具体的な内容を記さずに謝罪し、ネット上で「形だけの謝罪ではないか」と批判が寄せられている。

 そんななか、三田アナは5日に更新した自身のInstagramで、騒動を謝罪した上で「皆さまに少しだけ説明させてください」と切り出した。

 三田アナは「私は中学生の頃から同じ美容室に通っており、代金はいつもお支払いしてきました。他に一店舗、担当番組のメイクさんの美容室にも何度か伺ったことがあり、そちらでもお支払いをしております」と綴り、基本的に料金を支払っていたと説明。

 続けて、「ただこちらでは、結婚祝い等としてトリートメントをサービスしていただいたことがありました。その際には後日御礼の品はお渡していましたが、ご厚意とはいえお断りすべきだったと反省しております」と明かし、店のSNSに写真が掲載されたことについて「ニュースに携わる人間として認識が甘かった」と反省している。 

 当初の文春報道においても、三田アナについては、他の女子アナたちが“無料サービス”を受けていた店とは別の店での話として伝えられていた。昔から通っているなじみの美容室やスタッフに紹介された店への“義理”として、料金を支払いつつSNSでの宣伝に協力していた……というような関係だったとみられる。

「三田アナの実家は日本橋人形町の名門料亭で、父親は日本屈指の老舗劇場・明治座のオーナーでもある。筋金入りのお嬢様ですから、無料サービス目当てで“ステマまがい”の行為をしていたと勘違いされるのは納得がいかず、詳細に釈明するに至ったのでしょう。上司から詰問された問題の女子アナたちが『三田さんもやっている』などと主張し、三田アナが巻き込まれる格好になったとも伝えられていますから、よほど腹に据えかねていたに違いありません」(芸能ライター)

 「無料サービス目当て」なんて浅ましい行為はしない―。名家の「お嬢様」の意地が炸裂した謝罪文だったといえそうだ。

斉木順(さいき・じゅん)

雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

最終更新:2021/06/07 20:00

フジ・三田友梨佳アナ、ステマ疑惑の謝罪文で炸裂した「名家お嬢様の意地」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真