中居正広がテレビCMから消えた!? …「ジャニーズ退所」「新しい地図不参加」の影響か

文=本多圭(ほんだ・けい)

中居正広

 昨年3月にジャニーズ事務所を退所し、新事務所『のんびりなかい』を設立した元SMAPのリーダー・中居正広。退所から約1年以上が経過したが、ここにきて、その古巣・ジャニーズ事務所との業務提携の噂が持ち上がっている。

 「SMAP解散の後、中居だけが立場を明らかにしないまま、ジャニーズ事務所に残留しました。結局、ほとぼりが冷めた段階で、退所・独立しましたが、小利口な言動のツケが今になって回ってきたようで、ようやく事務所のありがたみに気づいたのかもしれません」(大手プロ役員)

 現在、中居のレギュラー番組は『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)、『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(同)、『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)の4本。キー局のレギュラー番組を4本も抱えていれば安泰にもみえるが、業界関係者の見方はそうではない。

「去年3月の退所以降、新たに入ったレギュラー番組は『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』の1本だけ。あとは、ジャニーズ時代に事務所が取ってきた番組なんです。しかも、ジャニーズ時代には、バンダイナムコやキリン酎ハイ、コカコーラほか、大手企業のCMに多数出演していましたが、現在はゼロ。結局、事務所の営業力に頼っていたことがハッキリしたんです」(キャステングプロ関係者)

 CM出演は、タレント人気のバロメーターといわれるが、中居を知るバラエティ番組制作会社プロデューサーは、「中居は知名度こそ全国区ですが、タレントとしては中途半端。話芸も特に秀でているとは言えず、だから面白みがない。結局、商品を宣伝する力がないから、スポンサーからのオファーが来ないんです」と手厳しい。

 ちなみに、ドラマに関しては、かつては多くのオファーがあったもののの、セリフを覚えるのが苦手という理由で中居本人が断っていたという。

「いずれにせよ、ジャニーズの後ろ盾がなくなったことで、仕事が激減するのは予想されていたんです」(前同)

 一方、SMAP解散騒動時からジャニーズ残留を明らかにしていたキムタクは、今もドラマのオファーが尽きることはなく、CMも引く手あまたの状態が続いている。

 「解散後、ジャニーズを退所した稲垣五郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人は、『新しい地図』で活動を再開。最初の約3年間はジャニーズ事務所の横やりで冷や飯を食わされましたが、昨秋ころから再ブレーク。3人共、それぞれCMにも出演している。中居と立場が逆転しました」(前出のキャステングプロ関係者)

 中居からファンが離れた背景には、SMAP解散後、稲垣、草なぎ、香取の3人と行動を共にすると見られていたにもかかわらず、ジャニーズに残留したことだとみられているが、ファンのみならず、中居の過去を知っている業界關係者も、独立を機に離れていったという。

「稲垣、草なぎ、香取の3人が所属したのは、SMAPのチーフマネジャーだった飯島三智さんが設立した新事務ですが、中居はそこに参加しませんでした。飯島女史は、中居が人気絶頂期にOLを妊娠させた際、マネージャーとして中居に代わって女性に中絶を迫り、別れさせた。同性として、辛い仕事だったはずです。そんな後始末を押し付けた飯島女史の事務所に参加しない中居に対して、“不義理な男”というレッテルが貼られたんです。ジャニーズ事務所のタレントでいる間は、相手にしなければなりませんが、独立したなら関係ありません」(前出のバラエティ制作会社プロデューサー)

 新たなレギュラー番組1本、CMはゼロということで、結果、年収は3割減と言われている。

 そんななか、あらめてそのありがたみを思い知ったのか、ここにきて、古巣のジャニーズ事務所と業務提携するという噂が持ち上がっている。

「そういう噂はありますが、ただ、ジャニーズ事務所には、今後売り出していかなければいけないジャニーズJr.があとに控えています。中居どころではないでしょう」(前同)

 中居が、今後どんな生き残り策を展開するのか、注目したい。

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴40年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。主な著書に『 スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら』など。

サイト:記事一覧

最終更新:2021/06/10 12:00

中居正広がテレビCMから消えた!? …「ジャニーズ退所」「新しい地図不参加」の影響かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

家茂に囁かれた“秘密の側室”の存在

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真