日刊サイゾー トップ > 芸能  > 加藤綾子、ギャラ1億番組打ち切りか

加藤綾子、結婚の裏で囁かれる「ギャラ1億番組」打ち切りの噂

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

加藤綾子(@ayako_kato.officialより)

 女子アナ界随一の人気を誇る加藤綾子が7日、結婚を発表した。「カトパン」の愛称で親しまれ、2016年にフリーに転身した後も引っ張りだこな加藤の結婚相手は、年商2000億円のスーパーの2代目社長。まさに絵に描いたような順風満帆の人生だが、結婚によって失うものもありそうだ。

「結婚のニュースの扱いの大きさを見ると、カトパンの知名度の高さが分かりますが、メインキャスターを務める夕方のニュース番組『Live News イット!』(フジテレビ系)の視聴率は、テレビ東京を除いて同時間帯でビリ。古巣のフジ復帰で注目を集めて2019年にスタートしたものの、ずっと最下位が定位置です。

 フジ関係者は、『ターゲットの“F2層”(女性35~49才)は掴んでいる』と、強気の姿勢を崩していませんが、セレブとの結婚はマイナスに働くかもしれませんね。夕方のニュースは、激安コロッケやクーラー節約術といった10円単位の話題が多いのに、司会がセレブでは主婦層も白けてしまい、そっぽを向かれる恐れがあるます」(キー局関係者)

 出演者にまで庶民生活を強いるのは酷だが、虚しさを感じる視聴者がいても不思議ではない。さらに、まったく別の不穏な理由もある。

「フジテレビは今春、朝の情報番組を刷新し、谷原章介が司会の『めざまし8』がスタートしました。長年続いた小倉智昭の『とくダネ』の後番組です。谷原もカトパンも司会進行スキルには定評がありますが、気になるのは2人が同じ事務所だということ。『めざまし8』は放送時間が2時間、『Live News イット!』は3時間で、しかも月~金の帯番組ですから、いくらなんでも1つの事務所に仕事が集中しすぎている。『Live News イット!』が遠からず打ち切りになることを見越して、“穴埋め”として谷原を起用したという可能性もある。テレビ業界ではよくある話です」(芸能事務所関係者)

 毎日5時間も同じ事務所の人間が出ずっぱりでは、他の事務所の人間は当然面白くないだろう。そして、さらなる逆風も待ち受けている。

「5月末、フジテレビは社長交代を発表しました。現在の社長の遠藤龍之介氏は、作家・遠藤周作の息子として知られ、鳴り物入りでの社長就任でしたが、わずか2年での退任。コロナ禍で各局とも広告収入が減るなか、特に減り幅が大きかったのがフジで、視聴率も低迷が続いており、その責任を取る形です。

 こうなると新社長は、目に見える形でのテコ入れをしてくるはず。『Live News イット!』はここ最近、少しずつ視聴率が上向いていますが、依然として”ビリ争い“の状況は変わりません。カトパンのギャラは年間1億円以上と言われており、打ち切り最有力候補でしょう」(テレビ業界に詳しいフリー記者)

 たとえ本人が望んでいないとしても、ゆっくりと新婚生活を楽しむ時間が出来てしまうのかもしれない。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2021/06/12 07:00

加藤綾子、結婚の裏で囁かれる「ギャラ1億番組」打ち切りの噂のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

Young Cocoが歌う黒い仕事とポジティブな愛

 2010年代からトレンドとなっているアトランタ発のラップ・ミュージックのスタイル...
写真