日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『大豆田』最終話直前!とわ子が『タッチ』歌う理由

『大豆田』最終話直前! ED曲のリリックが示唆するとわ子が『タッチ』主題を口ずさんだ理由を衝撃の読み解き!!

文=斎井直史(さいい・なおふみ)

ドラマの前半と後半が対比になっている?

 ラスト、Daichi Yamamotoはこの曲を「誰にも決められない幸せ/抱きしめる様に見定めてく」と締める。介護と仕事に縛られていた小鳥遊。生前のかごめの言葉を負い続けているとわ子。似た者同士が互いに抱きしめ合い、別々の道を歩き始める9話のシーンを思わせる。自分の幸せを探す生き方とは、一つひとつを「抱きしめる様に見定めてく」生き方でもあるとするならば、最後のリリックは前半の「Blinded by the light 君に失明」の対比でもある。

 以上、前半と後半で対比を作りながら、ドラマの趣旨を自分なりにラップで表現したDaichi Yamamoto。筆者の推論も交えているが、そこには軽やかなリズムだけでは表現されない、緻密な工夫が織り込まれていることがわかる。

 さて、次回はついに最終回。順当に行けば「Presence V」はT-Pablowだ。

 これまでのラッパーたちと少し異なり、一歩引いてとわ子の人生を遠くから肯定するようなリリックだった。であれば、カメオ出演として遠くからBAD HOPのメンバーたちが映るのだろうか。いや、強面な男たちが並んでしまっては、まめ夫の世界観を壊してしまう危惧もあるだろうか。

 もし仮にプライズがあるならば、死してなお人は生き続けるという坂元裕二氏のメッセージをJJJなら表現できる。共演するのは、市川実日子だ。そんなパラレルワールドを楽しんで、最終回に期待を高めたい。

 

斎井直史(さいい・なおふみ)

斎井直史(さいい・なおふみ)

音楽ライター。主な執筆の場はOTOTOYでの『パンチライン・オブ・ザ・マンス』の連載。その傍ら年に数回、他媒体での寄稿を行う。

Twitter:@nofm311

最終更新:2021/06/14 08:00
123

『大豆田』最終話直前! ED曲のリリックが示唆するとわ子が『タッチ』主題を口ずさんだ理由を衝撃の読み解き!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真