日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『大豆田』最終話直前!とわ子が『タッチ』歌う理由

『大豆田』最終話直前! ED曲のリリックが示唆するとわ子が『タッチ』主題を口ずさんだ理由を衝撃の読み解き!!

『大豆田』最終話直前! ED曲のリリックが示唆するとわ子が『タッチ』主題を口ずさんだ理由を衝撃の読み解き!!の画像1
ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ系)ウェブサイトより

 おしゃれで都会的なラブコメでありながら、先が読めない展開で視聴者をハラハラさせ続ける『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)。

 本稿は毎回が初公開となるエンディング曲「Presence」シリーズをレビューする短期連載ということで、長らくテレビドラマに関心がなかった筆者も毎週チェックし続けていた。

 気がつけば次回でついに最終話。今では毎週火曜の夜が待ち遠しくなってしまい、ふと思い出したドラマのシーンをスマホで見返すほどになってしまったので、早くも「まめ夫ロス」すら感じ始めている。とわ子たちが今後どんな会話をして、どんな人生を送るのか、ずっと見ていたい……いや、別れの切なさを吟味し、パラレルワールドのような彼女たちの人生に想いを馳せてこそ、このドラマを愛したことになるのかもしれない。

 そんなドラマのテーマ性が浮き彫りとなった9話。今回も最新話までの内容を振り返りながら、エンディングを飾った「Presence IV feat. Daichi Yamamoto, 松田龍平」のセカンドヴァースを振り返ろう。

 KID FRESINO/BIM/NENE/Daichi Yamamoto/T-Pablow、それぞれにブランドを確立したラッパーが、ドラマに沿ったラップをする「Presence」シリーズ。その中でも、このⅣがもっとも軽やかだ。

 Daichi Yamamotoの柔らかなフロウと落ち着いた声のトーンは、とてもスマートでクール。松田龍平によるラップパートもDaichi Yamamotoのラップになじんでいて、共演者同士の親和性がもっとも高いのもⅣの特筆すべき点だ。

 それは両者の声の出し方が近いからだろう。

 松田の肩の力が抜けた声は、劇中の八作の話し方そのもの。ミステリアスな雰囲気に、ほのかな色気が漂っている。それだけでなく松田と交流があるという5lackの人気曲「Hot Cake」をサンプリングしていたり、オフビートにラップをしたり、ラップ愛聴者も満足させる丁寧な仕上がりだ。

 曲としての聴こえ方だけでなく、Daichi Yamamotoは素敵な表現で『まめ夫』を再現している。

 そしてBIMやNENEのように劇中の出来事をダイレクトに取り入れた構成よりも抽象度が高く、ドラマにはない描写でドラマを想起させるリリックの組み立て方は、KID FRESINOの「Presence I」にも通じるものがある。

 まず「スペードのエースが無いような/切り札のない手札で遊んでる」と始めるセカンドヴァース。スペードのエース、それはトランプの中でもっとも強いカードだ。それがないゲームとは、つまり決定打がないことを意味し、八作ととわ子が曖昧な関係を続けている状況を表現している。

 しかし、Daichi Yamamotoの意図はそれだけではないかもしれない。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed