日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > 小林礼奈、養豚場勤務経験あり

小林礼奈、養豚場勤務経験ありで自分が育てた豚を食べる動画を投稿していた!?

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

小林礼奈、養豚場勤務経験ありで自分が育てた豚を食べる動画を投稿していた!?の画像1
小林礼奈 公式YouTubeチャンネルより

『100日後に食われるブタ』と言うYouTubeチャンネルをご存じだろうか。

 そのタイトルの通り、画面に映る可愛らしい豚は、100日後には飼い主の手によって食べられてしまうという、ほのぼのとした癒し動画からは考えられないギャップで人気となり、開始早々にチャンネル登録者数が5万人を突破、着々と再生回数を伸ばしているようだ。タイトルは、ツイッターで爆発的な人気となったきくちゆうき氏による『100日後に死ぬワニ』をもじったもので、飼い主はインタビューに対し、「可愛いブタを通じて日本にもあるフードロスや、そのために家畜の命が無駄にされていることを知ってほしいと思います」と、話している。

 あの、元2ちゃんねる管理人・ひろゆき氏が「このチャンネル伸びると思いますよ」と太鼓判を押したこの動画については本サイトでも、チャンネル運営会社社長S氏と「飼い主」氏にインタビューを実施している。

 なかなか画期的なアイディアなのだが、「これと同様の動画をYouTubeに投稿していた有名人がいるんです」と、芸能記者が話す。

「お笑いコンビ・流れ星の瀧上と離婚したタレントの小林礼奈ですが、一度は芸能の仕事から離れ、養豚場に勤務していたことがあるんです。当時、怪我をした豚をかいがいしく世話をしていた小林は、お願いしてその豚の肉をもらって、自身のYouTubeチャンネルに調理したその肉を食べる動画を投稿。かわいがっていた豚を生姜焼きにし、神妙な面持ちで食べる小林の姿には賛否両論あったものの、『大切に食べてあげることで豚は幸せだったと思います』『人間は命をいただいて生きているんだと考えさせられる』『食べてあげることも愛情』というコメントも寄せられていました」

 小林といえば先日も、ラーメン屋で退店を促されたエピソードをブログにアップし、軽い論争が巻きおこっていた。

「正直、流れ星・瀧上の妻という微妙な肩書き意外これといった知名度はないが、なぜだか毎度毎度、芸能ニュースに取り上げられる存在。そもそも何をしているタレントなのか世間一般は知らないが、こうしてブログをアップすればニュースの記者が取り上げるので、今回もうまくネタになれば注目をされるかもしれません」(ネットニュース記者)

 今回の『100日後に食われるブタ』をきっかけに、小林が注目されることもあるのだろうか。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/06/16 22:00

小林礼奈、養豚場勤務経験ありで自分が育てた豚を食べる動画を投稿していた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

矢沢永吉、台風下ライブファン無問題?

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真