日刊サイゾー トップ > 社会  > 「スシロー」が独走状態に入りそうなワケ

回転寿司業界トップ「スシロー」が独走状態に入りそうなワケ!

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

現在、日本国内の飲食店は新型コロナウイルスの感染拡大によって苦境に立たされている。一方、海外では感染拡大が落ち着きつつある国も出てきており、そこをめがけて日本の外食企業が海外進出を加速させているという。特に目立って海外進出しているのが、回転寿司チェーンだ。そして、いまスシローが絶好調たる背景とは!?

回転寿司チェーンは海外進出に向いている

(Image:MeSamong / Shutterstock.com) 現在スシローは、国内に596店舗(2021年6月現在)。海外は、韓国での14店舗、台湾で9店舗、香港1店舗、シンガポール1店舗(※店舗数は、2019年9月現在)

 コロナ以前、日本は多くの外国人が訪れるインバウンドブームだった。「和食」はユネスコの無形文化遺産にも選ばれ、それをきっかけに健康的で四季を感じられる日本食のファンになったという海外の人も多いという。そしてコロナ禍のいま、日本国内の飲食店は活路を求め、日本食好きが多くいる国への進出を加速させている。なかでも海外進出が盛んなのが、回転寿司チェーン。「SUSHI」という言葉が世界で通じるほど定着していることに加えて、似た業態は世界を見渡しても見当たらないという事情から、進出国での評判は軒並み良いという。

 寿司が海外でも受け入れられている点以外にも、回転寿司チェーンが海外進出に向いていて、日本企業が優位に競争を進められる理由がある。それ…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/06/23 09:30

回転寿司業界トップ「スシロー」が独走状態に入りそうなワケ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

石橋貴明、鈴木保奈美との関係性

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(2)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 新生UWFの蹉跌とその後の苦衷から抜け出し、よう...
写真