日刊サイゾー トップ > 社会  > 「iPhone 13」の名称にユーザーが難色!?

iPhone 13の名称に「待った」!? ユーザーが難色を示した本当の理由とは

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2020年10・11月に「iPhone 12」シリーズが発売されてから半年が経ち、次なる「iPhone 13(仮称)」の噂も多く飛び交うようになってきている。「バッテリー容量が増える」「マット仕様になる」など様々な推測が話題を呼んでいるが、なかでも「iPhone 13という名称にならない」という説が強く支持されているようだ。

74%の人が、iPhone 13ではなく別の名称になることを希望

(Image:gsmarena.com) アメリカにとっての13は日本にとっての4と同じ感覚なのかもしれない

 アメリカで“13”という数字は不吉とされており、あらゆる場面で避けられてきた。理由は「イエス・キリストが処刑された日が13日だったから」「アメリカのアポロ計画で事故を起こしたのがアポロ13号だったから」など諸説あるが、建物で13階を作らず“12階半”と呼ばれることもあるほど忌避されているのは事実である。

 iPhoneも例外ではない。このまま順番通りに行けば新型iPhoneモデルの名称は「iPhone 13」だが、どうやら次に発売されるシリーズは「iPhone 12s」という説が浮上している。SellCellが行った調査によると、iPhone 13が別の名前になることを望んでいる…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/06/27 15:30

iPhone 13の名称に「待った」!? ユーザーが難色を示した本当の理由とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

吉田鋼太郎、結婚離婚を繰り返し…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

ラバーガールに疑問を直撃!

生みの苦しみ、腰の重さ、それでも単独をやる理由 ――8月26日から28日にかけて、2...
写真