日刊サイゾー トップ > 社会  > 作画風景を見て見たいジャンプ漫画家、1位は

鬼滅…じゃない!? 作画風景が見てみたいジャンプ漫画家ランキング1位はあの超人気作家

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

自分の好きな作品がどのように描かれているのか。漫画好きな人であれば一度は、キャラクターに命が吹き込まれていく過程である「作画風景を見てみたい」と思ったことがある人も少なくないだろう。そんな漫画ファンの夢を、gooランキングが「作画風景が見てみたいジャンプ漫画家ランキング」として集計した。果たして1位となった漫画家は誰なのだろうか…。

「あの人の作画する姿を見てみたい」をランキング化

(Image:sumito / Shutterstock.com) 話題作・鬼滅の刃の作者「吾峠呼世晴」が3位にランクイン

 今回対象となったのは、ジャンプ作家。週刊少年マガジンや週刊少年サンデーなどの作家は含まれていないことを前置きしておこう。そんなジャンプ作家の中で3位に入ったのは吾峠呼世晴。初の連載作品となった「鬼滅の刃」が大ヒットし、一躍人気漫画家の一人となった気鋭の作家だ。アニメ化などを機に社会現象とも呼べるレベルの人気を博すようになり、2020年に公開された劇場版は興行収入が400億円を突破し、国内の歴代1位となったことは記憶に新しい。鬼滅は2020年に惜しまれつつも連載が終了したが、もしかするとこの順位も「早く次回作を描いている姿を見たい!」というファンの心情のあらわれなのかもしれない。

 鬼滅を…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/06/28 10:30

鬼滅…じゃない!? 作画風景が見てみたいジャンプ漫画家ランキング1位はあの超人気作家のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

たけし軍団に無慈悲なビートたけし

 ヤクザの世界は、“親分が黒と言えば黒、白と...…
写真
インタビュー

大村崑、89歳になった今も「元気ハツラツ!」

「元気ハツラツ!」。現在89歳になる大村崑師匠は、テレビ放送の黎明期から生放送の人気...
写真