日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 『家つい』久々に真骨頂を見た!

『家、ついて行ってイイですか?』久々に真骨頂を見た! 酒で滅茶苦茶な夫と、機嫌を損ねる妻の老夫婦

『家、ついて行ってイイですか?』久々に真骨頂を見た! 酒で滅茶苦茶な夫と、機嫌を損ねる妻の老夫婦の画像1
『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)

 6月23日放送『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)に、2組の夫婦が登場した。その生活ぶりはかなり対照的なのだが、共通しているのは幸せを謳歌しているところ。今回は、題して「波乱の人生謳歌する人SP」である。

駆け落ちどころか拉致で結婚した2人が迎える金婚式

 足立区の激安スーパーで番組が声を掛けたのは、72歳の男性。「買い物の後、どうするんですか?」と質問すると「DIY。大家さんに叱られない程度に、手作りで自分の賃貸マンションを造作して」と、この男性は返答した。そんな彼の家にスタッフはついて行くことにする。

 ちなみに現在、彼の子どもたちは独立しており奥さんとの2人暮らしだそう。夫婦が出会ったのは東洋大学の同級生だった頃で、もう半世紀以上の付き合いになるとのこと。来年は金婚式を迎えるようだ。

「認められない結婚だったので、強引に(奥さんを)連れて逃げたっていうね」(男性)

 いきなり、凄いことを言うな……。男性のお宅に到着すると、馴れ初めだけでなく家も凄かった。本物のドアの前に手作りの自作扉を勝手に設置しているし、自作の木製棚でたくさんの花を飾っているし、ワクワクする家である。しかも、どの棚にもハートの形をくり抜いてあるのが可愛らしい。

「学生のときに知り合ってるでしょ、私たち? (夫の)私に対する一途な思いは変わってない」(奥さん)

 ご主人の創作物は、およそ500以上。さらに、家の至るところに手すりが取り付けてあった。これもDIYだ。

「手すりも付けてくれて、すごい楽。私がケガをしちゃって入院してたんですけど、帰ってきたら手すりが付いてたんです」(奥さん)

 奥さんは約30段ある階段から落っこちてしまい、全身打撲、顔面骨折、右腕複雑骨折で意識不明に陥り、死の淵をさまよったことがある。およそ1カ月病院のベッドから動けなかった奥さんのために、ご主人は手すりを取り付けてあげていた。

「なるべく私が転ばないように。助かりましたよ。本当によくやってくれたんです。そういうことがあったから、私も頑張って早く元気にならなきゃなあって」(奥さん)

 奥さんに対するご主人の愛は、大学時代から変わらない。2人の出会いは1年生の終わりごろ。ご主人が奥さんに熱烈アプローチしたという。

奥さん 「私ね、結構人気あったんですよ。モテてたんです」
ご主人 「それで、(妻を)喫茶店呼び出して」
奥さん 「即、『あー、もう……ちょっといいです』って断ってたんです」
ご主人 「まず、それが第1回目。それで32回フラれた」
奥さん 「私の時間割全部調べて、私の教室のところに必ずいるんですよ」
ご主人 「図書館も行ったかな」
奥さん 「上野駅でも3~4回(待ち伏せ)。完全なストーカーだった」
ご主人 「逮捕だよ」
奥さん 「今だったら完全に訴えられますよ。本当にしつこかったの。どこにでもいたもん! でも、最後は可哀想になっちゃったんです」
ご主人 「同情だよね」

 ということは33回目の告白で奥さんが根負けし、OKを出したということ?

奥さん 「OKじゃなくて、無理やり連れて行かれちゃったって感じですね。一緒に(大学の)卒業式を出て、そのままこの人と一緒に夜汽車に乗って(夫の地元の)石川県まで行ったんです。『一緒についてきてくれなかったら俺は死ぬ』って言われて、もうしょうがないかなって思って」
ご主人 「脅かした。田舎のほうで就職も決まってたんで、一旦別れたら二度と会えないような気がしたのでね。それで強引に」

 駆け落ちというより拉致だ。何しろ、後に奥さんのご家族が捜索願いを出したというのだから。しかし、2人は石川県で結婚式を挙げてしまっていた。「ストーキング→脅迫→拉致→結婚」という波乱万丈の流れである。そして、結果的に来年金婚式を迎える。

奥さん 「手すりを作ってくれたり、夜中に私が『トイレに行きたい』って言ったら『夜中のデートだな』とか冗談言いながらそばで支えてくれたり。最初に出会ったときと同じように一途に気持ちが変わらず、誠実さというか優しさを感じますよね……ちょっと照れた(笑)?」
ご主人 「うん」
奥さん 「全然後悔してないですね。本当に良かったなあって思いますよ」
ご主人 「やっぱ、諦めなくて良かった」

 始まりは、ほとんどストーカーだった。でも、結果論だけど、2人は素敵な夫婦になったのだ。

 実は今、ご主人には製作途中のDIYの新作があるという。自転車で引く木製のキャンピングカーだ。しかも、水陸両用らしい。えっ、木製なのに水陸両用!?

「できるかどうかわかないけど自転車で引っ張って、1カ月かけてこれで金沢へ帰る」(ご主人)

 水の上を走るだけでなく、これで金沢を目指すなんて怖すぎる。さすがに心配である。やっぱり、いろいろと無茶な人だ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed