日刊サイゾー トップ > 芸能  > 宇垣美里はなぜいつも“落ちぶれる”のか

宇垣美里はなぜいつも“落ちぶれる”のか―「ジェンダー・ギャップ」120位男女差別記事が平然と消費される日本

文=松田優(まつだ・ゆう)

宇垣美里はなぜいつも落ちぶれるのか―「ジェンダー・ギャップ」120位男女差別記事が平然と消費される日本の画像1

 2021年6月22日、政府がまとめた報告書によると、3月に公表された男女格差を測る「ジェンダー・ギャップ指数2021」にて日本の順位が156カ国中120位であったことが報道された。このニュースを耳にして、「一体、この国のどこでそのような男女差別が行なわれているのか」と首を傾げた人も多いのではなかろうか。

 男女差別の多くは、性別に関わらず、そう考えた人のすぐ近くで行われている。会社、学校、家旅、ご近所、友人。そういった小さな社会に“水滴”のように存在している。

 どうしてか。それが差別だと気付いて問題視してくれる人がいないからだ。

 その証拠に、公然と行なわれている男女差別表現が満載のゴシップを、多くの人が当たり前のように受け入れて、コンテンツとして消費している。

 一例として、宇垣美里さんと田中みな実さんのネットメディア上での扱いの話をしよう。

宇垣美里さんを「落ちぶれた」とあざ笑うネット記事の存在

 2019年3月にTBSテレビを退社し、同年4月からフリーのアナウンサーとなった宇垣美里さん。彼女は現在、マスメディアにあまり顔を出さない。宇垣美里さんは、一部から「第二の田中みな実」と呼ばれたこともあり、田中みな実さんの引き合いとして彼女の名前を出す記事がある。

 そうした記事の中では、「テレビ番組への出演頻度が減った」ということを理由に、「宇垣美里は第二の田中みな実になれなかった」「田中みな実は媚びを売って成功したが、宇垣美里はプライドが高く媚びが売れなくて失敗した」といったように、まるで彼女が落ちぶれたかのように語っている。「芸能人は媚びてナンボという存在なのに、彼女は芸能人としての民度が低いために消えてしまった」と、「媚びを売らない芸能人=民度が低い」というわけのわからない理屈をこねてまで彼女を貶めて。

 しかし、宇垣美里さんは当然落ちぶれてなどいない。テレビ番組以外の場所で今でもその魅力を余すことなく発揮し、活躍している。

 それなのに、テレビ番組への出演回数のみをあげつらい、「落ちぶれた」かのようにあげつらってあざ笑う。宇垣美里さんが落ちぶれた原因は、田中みな実さんのように媚びを売れなかったからだと。彼女を見習って、プライドなんて捨てて媚びを売っていれば良かったのに、と。

「女性は媚びを売らなければ活躍できない」と考える人たち

 そもそも私からすれば、「田中みな実が媚びを売っている」という評価にすら違和感がある。確かに彼女は、男性ウケする女性として表舞台で振る舞っている。しかしそれは「あざとい」であって、「媚びを売る」とは違う。彼女は、自分自身の魅力を理解して、それを磨き、最大限評価されるように表現しているに過ぎない。

 けれど、それを認めない人が一定数存在している。「女性は能力が低い生き物なので、媚びを売らなければ社会で活躍できない」と考えている人たちだ。そういう人らが、田中みな実さんの本来の能力を認めずに「媚びを売ったから成功した」として、「他の女もそれに追随しろ」と指摘する。

 そして、媚びを売る女とプライドの高い女という対立図で、宇垣美里さんと田中みな実さんを面白おかしく描く。二人とも、相手を敵視しているだなんて公言していないのに、そうやって、彼女らをコンテンツ化して楽しむ。

 こうやって、才能を発揮して活躍する女性を見下しているネットメディア記事が、当たり前のように受け入れられて消費される。彼女らは有名人なのだから有名税だと、そう言われても仕方ないのだと言って。公然と差別が行なわれているのに、誰もそれが差別ではなく、その人個人の行動の結果だとして受け止めるべきだと聞き流す。

 これが、現代日本に於ける女性の扱いだ。

123

宇垣美里はなぜいつも“落ちぶれる”のか―「ジェンダー・ギャップ」120位男女差別記事が平然と消費される日本のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真