日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > DAIGOの“政界進出”にいよいよ現実味!?

日テレ『ボンビーガール』終了で、DAIGOの“政界進出”にいよいよ現実味!?

文=田中七男

日テレ『ボンビーガール』終了で、DAIGOの政界進出にいよいよ現実味!?の画像1
『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)

 過日、日本テレビ系のバラエティ番組『幸せ!ボンビーガール』が今年9月いっぱいで打ち切りになると、一部で報じられた。

 現状、同局はその報道に対して、何もコメントは出していないが、事実であれば、困る事態になる出演者も少なくない。その中の一人がDAIGOだ。

 DAIGOは3月いっぱいで、レギュラーで出ていた『火曜サプライズ』(日テレ系)が終了したばかり。さらに『ボンビーガール』も終わるとなると、一気にプライム帯のレギュラー番組が2本も減ってしまうことになる。『みいつけた!』(NHK Eテレ)、『みんなのKEIBA』『馬好王国~UmazuKingdom~』(共にフジテレビ系)などに出演しているが、『ボンビーガール』が終了すれば、プライム帯のレギュラーは『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)のみとなってしまう。これとて、準レギュラーの立場であり、『ボンビーガール』が打ち切られるとなると、タレントとしてかなりのダメージとなりそうだ。

 タレント業が下降線をたどるとなると、またぞろ浮上してきそうなのが、かねてウワサされてきた政界進出だ。改めて説明するまでもないが、DAIGOの母方の祖父は竹下登元首相。その地盤を継いだのは、大叔父の竹下亘衆院議員だ。

「亘氏は2019年1月に食道がんを患っていることを公表しており、健康面で不安があります。年齢的にも74歳と高齢で、地元の後援会では『そろそろ世代交替を』との声も多く出ているようです。その最有力後継候補がDAIGOです。DAIGOなら好感度も人気も抜群ですし、出馬すれば、当選の可能性も高いでしょう。この先、後援会も本腰を入れて、DAIGOを口説いていくことになるかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

 折しも、解散がなければ、衆議院選挙は今秋に行われる。果たして、地元の期待を担ったDAIGOの出馬があるのかどうか、その動向が注目されるところだ。

田中七男

最終更新:2021/07/01 20:00

日テレ『ボンビーガール』終了で、DAIGOの“政界進出”にいよいよ現実味!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

麒麟・川島、Snow Man佐久間大介のヤバすぎる課金

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

500万円で映画主演権を買った一般女性とは

「あなたをSFコメディ映画の主役に!」という日本橋三越本店の2019年新春福袋企画を...
写真