日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『リコカツ』紛れていたスタッフの遊び心

北川景子もニンマリ?『リコカツ』夫婦のルールに紛れていたスタッフの遊び心がネット上で話題に!

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

北川景子もニンマリ?『リコカツ』夫婦のルールに紛れていたスタッフの遊び心がネット上で話題に!の画像1
TBS『リコカツ』公式サイトより

 あらためて良作だったと感じた人が多かったようだ。

 6月18日に放送された北川景子主演のドラマ『リコカツ』(TBS系)最終話の世帯平均視聴率が9.1%だったことがわかった。

 同作は、北川と永山瑛太が“交際ゼロ日婚”の夫婦を演じ、早くも離婚危機に直面するラブストーリー。ハッピーエンドのラストとなり、胸キュンさせられた視聴者からは「リコカツロス」の声も多く聞かれている。

「全話平均視聴率は9.0%と2桁にあと一歩でしたが、女性層の多い見逃し配信サイト『TVer』で歴代1位の再生回数になるなど、いま話題の『コア視聴率』では合格点だったと思われます。同枠ドラマは前期に長瀬智也の事実上の引退作となった『俺の家の話』に製作費を取られたぶん、キャストが弱かった。脇役がもう少し強ければ2桁超えもイケたように思います」(テレビ誌ライター)

 そんななか、ネット上では番組ラストで永山瑛太演じる紘一と、北川演じる咲が決めた“ルール”が話題を呼んでいるという。

「2人で決めた夫婦のルールがメモ書きで壁にぎっしり貼られているのですが、目を凝らして見ていくと『家を勝手に売らないこと』『スマホを落とさないこと』というルールが紛れていたのです。これは北川の主演作であるドラマ『家売るオンナ』(日本テレビ系)、映画『スマホを落としただけなのに』をいじったスタッフの遊び心。めざとく見つけた視聴者はニンマリさせられたようです。今作の北川は目力の強さや美しさはそのままに、泣いたり怒ったりする感情的な演技が評価されています。すでに日テレは『家売るオンナ』の続編オファーをしているようですが、もし実現すれば深みのある演技力を見せてくれるかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 今期の恋愛ドラマは軒並み苦戦が伝えられたが、北川のタレントしての評価が上がったことは間違いなさそうだ。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/06/25 20:00

北川景子もニンマリ?『リコカツ』夫婦のルールに紛れていたスタッフの遊び心がネット上で話題に!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

大村崑、89歳になった今も「元気ハツラツ!」

「元気ハツラツ!」。現在89歳になる大村崑師匠は、テレビ放送の黎明期から生放送の人気...
写真