日刊サイゾー トップ > 社会  > 100年前の都道府県人口ランキングで意外な事実が

100年前の都道府県別人口ランキング、1位は圧巻の東京も、意外な事実が続々判明

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ここ数年、日本では少子高齢化の問題が顕在化し人口が微減するようになってきているのをご存知の方も少なくないかもしれない。しかし減っているとはいえ、100年前に比べればかなり多いことも事実。では、100年前からどこの都道府県でどれだけの人口が増えているのだろうか。
 今回は、ダイヤモンド・オンラインの記事をもとに日本国内の人口の増減について考えていきたい。

100年前の都道府県との人口比較を実施!

100年前の東京の人口はどうだったのか?

 ダイヤモンド・オンラインが浅井建爾氏の著書「教養としての日本地理」の一部を再編集した記事によると、日本で第1回国勢調査が実施されたのは1920年。大正9年までさかのぼる。その時点では日本の総人口はおよそ5,596万人とされ、ちょうど100年後の2020年1月の国勢調査では1億2,713万人と約2.3倍まで増えている。1920年当時の日本の人口を都道府県別に見ると、最も人口が多かったのは東京で370万人。次いで大阪・259万人となっている。さすが東西の都は100年前も変わらぬ存在感だ。

 そして3位につけたのが、意外と言うべきか北海道。236万人を擁する大都市だったという。実…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/07/07 11:30
関連キーワード

100年前の都道府県別人口ランキング、1位は圧巻の東京も、意外な事実が続々判明のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

たけし軍団に無慈悲なビートたけし

 ヤクザの世界は、“親分が黒と言えば黒、白と...…
写真
インタビュー

技能実習生の本当に迫ったルポ

 外国人技能実習生制度について日本のマスメディア上では悪い話ばかりが流通している。「...
写真