日刊サイゾー トップ > 芸能  > 浜田雅功はセーフでも米倉涼子はアウト!?

浜田雅功はセーフでも米倉涼子はアウト!? 即CM降板でもおかしくない2つの大失言とは?

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

浜田雅功はセーフでも米倉涼子はアウト!? 即CM降板でもおかしくない2つの大失言とは?の画像1
写真/Getty Imagesより

 スポンサーが笑って許してくれればいいが……。

 7月1日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にて、ダウンタウン・浜田雅功がデリバリーは頼まないことを明かし、共演者からツッコまれる場面があった。

「浜田は現在、『出前館』のCMキャラクターを務めていますが、番組ではデリバリーを頼まないことを告白。陣内智則から『それは頼まんとダメでしょ』と苦笑されると『絶対嫌』と頑なに拒否していましたが、デリバリー業者から『やっぱり……』と思われることを意識して頼めないことが、その理由のようです。一見すると、違約金レベルの失言にも聞こえますが、出前館のイメージキャラクターなのに出前は頼まない事がもはやオチとなっているので、この場合は逆においしい。それに、デリバリー自体を否定しているわけではありませんからね」(芸能ライター)

 一方で、かなりアウトな発言をしてしまったのが、米倉涼子だ。

「7月1日の『はやドキ!』(TBS系)に出演した米倉は、7月8日に公開される映画『ブラック・ウィドウ』の吹替を務めていることから声優の大変さを力説。その流れで、『最近、体が本当に疲れるんですよ。まったく疲れが取れなくてどうしようって』『何か疲れが取れるものあったら教えてください』とコメントしたのです。米倉といえば、“なんとかしたい疲れに”がキャッチコピーの『キューピーコーワゴールドアルファ』CMに10年以上に渡って出演中。そのため、この『教えてください』はかなり致命的な失言でした。また、4月26日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、オスカープロモーションから独立後、会社経営の苦労を語っていましたが、それをアピールするあまり『シワは増えました』と告白していました。彼女はエイジングケアブランドの『CANADEL』のCMにも出演していますから、こちらも不適切な発言だったと言えます」(広告代理店関係者)

 米倉の場合、浜田と違って商品効果を直接貶めているため、CM降板となってもおかしくなさそうだが…。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/07/10 07:00

浜田雅功はセーフでも米倉涼子はアウト!? 即CM降板でもおかしくない2つの大失言とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

秋篠宮さま、埋めがたき親子の“距離”

今週の注目記事・1「創価学会が恐れるオウム以...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真