日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレビ局員「ずっと五輪が続いて欲しい」

東京オリンピックでテレビ各局が“手のひら返し”の裏側 「ずっと五輪が続いて欲しい」

文=小林真一(こばやし・しんいち)

東京オリンピックでテレビ各局が手のひら返しの裏側 「ずっと五輪が続いて欲しい」の画像1
Getty Imageより

 メダルラッシュに湧いている東京オリンピック。テレビでも多くの競技が放送されているが、ネット上ではこれが「手のひら返し」だと話題になっている。

「これまでテレビも新聞も、新型コロナの感染拡大が懸念されているため東京オリンピックは開催するべきではないというスタンスで報道をしていました。ですが、いざ始まってみれば開会式は関東地区の世帯視聴率で56.4%を取り、サッカーやソフトボールなども軒並み20%を超えてきている。民放各局は手のひら返しどころか、東京オリンピックの開催に大バンザイをしていますよ」(民放関係者)

 そもそも、オリンピック開催に関して批判的な報道をしていたのも、それほど深い意味はなかったそうだ。

「新聞各社はそれぞれの思想があるので違うでしょうが、民放各局は正直なところ政権批判としてオリンピック開催に疑問を投げかけている方が視聴率を取れた。テレビ朝日なんて『羽鳥慎一モーニングショー』を中心に、新型コロナを必要以上に煽って視聴率を取っていたわけですから、オリンピックの開催を批判をするのは当然の流れでした。そもそも本気でオリンピックの開催を批判していたスタッフがどれだけいたのかという話です」(民放関係者)

 また、テレビは特に“オリンピック特需”を受けるという。

「オリンピックの中継があるおかげで番組が中止になって、久しぶりに夏休みをしっかり取れるというテレビ関係者は多いです。また、普通に番組を放送するよりも視聴率が良いわけで、来年のボーナスは期待できると話す声も聞こえてきています。特に視聴率が不調なフジテレビやTBSは『このままオリンピックがずっと続いて欲しい』と“自虐ネタ”を話しているスタッフもいるほどですよ」(民放関係者)

 自国開催ということで盛り上がれば、必然的に視聴率も高くなる。テレビがオリンピックの大応援団になるのは当然のことだろう。しかも、オリンピック批判なんて絶対にできない裏事情もあるとか。

「オリンピック利権の黒幕と言われる電通が、今回は特に目を光らせています。特に、大スポンサーのトヨタ自動車が国内で五輪関連CMの放送をしないと発表したことが影響してピリピリしている。これ以上五輪のCMでトラブルを起こしたくない電通は、NHK以外の各局の番組をバラエティ番組まで含めすべてチェックしているようです。そこで、批判とまではいかなくても新型コロナに関連して気になる報道などがあればすぐに確認を入れるほどだとか。今回は、どの局も五輪特需でCMを大量に獲得できているので、電通の言うことを聞くしかない。こういった事もあって、東京オリンピックの批判なんて番組で出来るわけがないんです」(民放関係者)

 とはいえ、さんざんオリンピックを批判をしていたテレビから聞こえてくる声援に、激しい胡散臭さを感じてしまうのは当然のことだろう。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2021/08/01 19:00

東京オリンピックでテレビ各局が“手のひら返し”の裏側 「ずっと五輪が続いて欲しい」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

フライデー&文春で硬派スクープ続く

今週の注目記事・第1位「当選無効の恐れも…...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真