日刊サイゾー トップ > 社会  > eスポーツ版オリンピックが開催?

ついにeスポーツ版オリンピックが開催? IOCと正式パートナーシップを結ぶ、夢の舞台が実現

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

一口にゲームといっても、もはや子どもの遊びや娯楽、趣味というだけの存在ではない。コンピューターゲームの中でもいくつかのジャンルは競技として扱われ、「eスポーツ」という言葉も広く知れ渡るようになった。世界大会が開かれたり、プロゲーマーとして年収1億円近く稼ぐ人々が現れたりと、時代が進むにつれて大きく躍進している。そんなeスポーツが、“eスポーツ版オリンピック”の開催を計画していると話題になっている。

意外にも歴史深く、熟練の技術が必要な“スポーツ”

(Image:OHishiapply / Shutterstock.com) eスポーツがついにオリンピックの種目に?

 今やメジャーな言葉になったeスポーツ。コンピューターゲームで行われる競技を指すが、コンピューターゲーム大会自体の歴史は意外にも長い。1972年にスタンフォード大学で開催された大会が最も古いと言われており、その後様々なゲームの登場で発展。1991年に発売された対戦型格闘ゲーム「ストリートファイターⅡ」をきっかけに、国際的なeスポーツ大会「Evolution Championship SeriesEVO) 」が設立・開催された。

 “スポーツ”という呼び方からもわかるようにコンピューターゲームをスポーツに分類するのには様々…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/08/01 13:30

ついにeスポーツ版オリンピックが開催? IOCと正式パートナーシップを結ぶ、夢の舞台が実現のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

大村崑、89歳になった今も「元気ハツラツ!」

「元気ハツラツ!」。現在89歳になる大村崑師匠は、テレビ放送の黎明期から生放送の人気...
写真