日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 佐久間PのYouTube「今一番観るべき」

元テレ東・佐久間宣行プロデューサーのYouTubeが大好評! お笑い関係者「今、一番観るべきコンテンツ」

文=田井じゅん(たい・じゅん)

元テレ東・佐久間宣行プロデューサーのYouTubeが大好評! お笑い関係者「今、一番観るべきコンテンツ」の画像1
「佐久間宣行のNOBROCK TV」より

 いまや星の数ほどある、芸能人のYouTubeチャンネル。もはやテレビとYouTubeとの境目もなくなりつつあると言っても過言ではない。そんななかで、テレビ東京の元社員である佐久間宣行プロデューサーのYouTubeチャンネル『佐久間宣行のNobrock TV』が好評だ。

 7月10日にオープンした同チャンネルは、「日本中のおもしろい人・企画を発掘する」をコンセプトに佐久間宣行が自ら企画・出演・プロデュースを担当する。主に、芸人を対象にさまざまな“ドッキリロケ”を行い、それを佐久間とゲストがモニタリングするという内容だ。

「フォーマットとしては、佐久間Pが担当する『ゴッドタン』でも見たことがあるし、あるいは『ロンドンハーツ』などでもよくあるもので、いわばバラエティーの定番。でも、適度なゆるさがありつつも、エッジが効いていて、地上波にありそうでなかった、何とも言えない雰囲気で面白いんです」(お笑い事務所関係者)

 たとえば『【ドッキリ検証】「エロくないSM女王決定戦」』という動画では、SM女王にインパルス・板倉とラランド・サーヤが遠隔で指示を出し、ニセの風俗体験ロケだと思ってやってきたアルコ&ピース・酒井とウエストランド・井口がどんなリアクションを見せるのかを検証するというもの。

「地上波ではできないエロ要素を主体にした企画のように見えますが、まったくそんなことはなく、むしろエロとは正反対。指示を出す芸人の自由なセンスと、ドッキリを受ける芸人のリアクションとがぶつかりあう、かなりガチ度の高いお笑い企画です。単純に見ていて面白いし、芸人なら“自分も出たい”と思えるような動画です」(同)

 ウエストランド・井口が登場した『トルコアイス渡さない選手権』は、“ユルさ”が魅力の動画だ。

「トルコアイス店の店員が、客にアイスを渡すふりして渡さないテクニックを競うというもの。そういった競技が行われていると知らない井口のイライラも見ものだし、単純にバカバカしさが面白い。ゆるすぎて地上波では難しい企画ですが、それを実験的にやって、しかも面白くなっているというのは、すごいです」(同)

 また、劇団ひとりや麒麟川島といった一線級の芸人が佐久間Pと2ショットトークをするだけの動画もアップされている。

「奥深いお笑いの話を聞けるという点でも貴重で、お笑いファンにとってはたまらない。YouTubeに無料で出さないで、『ゴッドタン』の有料コンテンツにしてんもいいくらいです」(同)

 いま、いちばん見るべきお笑いコンテンツは『Nobrock TV』だと言えそうだ。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2021/08/08 13:00

元テレ東・佐久間宣行プロデューサーのYouTubeが大好評! お笑い関係者「今、一番観るべきコンテンツ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『水ダウ』“陰口ドッキリ”のずるさ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

森達也監督が初の劇映画に挑む理由

 ゴーストライター事件で騒がれた佐村河内守氏...…
写真