日刊サイゾー トップ > エンタメ  > BTSも歌にした世界中で探される『52ヘルツのクジラ』

BTSも歌にした世界中で探される『52ヘルツのクジラ』 孤独を抱える現代人によりそいクリエイターが共感

文=本田路晴(ほんだ・みちはる)

BTSも歌にした世界中で探される『52ヘルツのクジラ』 孤独を抱える現代人によりそいクリエイターが共感の画像1
『52ヘルツのクジラたち』中央公論新社 公式サイトより

 作家の町田そのこさんが今年4月に“2021年本屋大賞”を受賞したことですっかり話題となった『52ヘルツのクジラたち』(中央公論新社)。

 そのタイトルとなった“52ヘルツのクジラ”は実在するクジラだ。ほかのクジラが聞き取れない52ヘルツという高い周波数で鳴くため、仲間のクジラに声が聞き届けられることはなく、“世界でいちばん孤独なクジラ”とこれまで言われてきた。町田さんは児童虐待という重いテーマの小説のタイトルに、この孤独なクジラの名前を用いた。

 しかし、この孤独なクジラに関心を示したのは町田さんだけでなく、欧米の科学者らは30年以上にわたり、この”52ヘルツ”を追い続けてきた。

冷戦時代の米ソ対立で存在が明らかになった「52ヘルツ」

 英紙「ガーディアン」電子版の7月13日付の記事によると、この52ヘルツを追い求める物語は、冷戦時代に米海軍がソ連の潜水艦を探すため、海底にハイドロフォン(水中で使用されるマイクロフォン)のネットワークを構築したことが発端になっている。海中で拾われる音の中には未知のモンスター、悪女を意味するイザベルから名前を取り、イザベル・モンスター(Jezebel Monster)と呼ばれたものもいたが、後にこの正体不明の音はシロナガスクジラやナガスクジラの深いうなり声であることが判明した。

 冷戦が1980年代末に終焉すると、米国防省はこのハイドロフォンのネットワークを鯨類研究者も利用できるようにした、その中の一人、米・ウッズホール海洋研究所のウィリアム・ワトキンスは、鳴き声による海洋哺乳類の識別と追跡の先駆者だった。

 米海軍が残したこのネットワークを使い、ワトキンスはほかの鳴き声とは際立って異なる一つの鳴き声に気づく。シロナガスクジラとナガスクジラの鳴き声の特長を持ってはいたが、これらのクジラが主に15~30ヘルツで発声しているのに対し、このクジラは52ヘルツで発声していた。

 ワトキンスはその後、10年以上にわたり、この52ヘルツのクジラの行方を追う。2004年に同氏が、米国防総省が導入している水中音響システムが個々の鯨の追跡に利用できる可能性についての論文を発表した。この論文が主要メディアに一たび紹介されると、この正体不明の“52ヘルツのクジラ”も一層、人々の関心と想像力を掻き立てるようになった。

12

BTSも歌にした世界中で探される『52ヘルツのクジラ』 孤独を抱える現代人によりそいクリエイターが共感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

釈由美子、初めての海外映画『ロックダウン・ホテル』出演で怪演を魅せつける!

 コロナを予見したと話題のパンデミックホラー映画『ロックダウン・ホテル 死・霊・感・...
写真