日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズとテレビ局の関係性どうなる?

藤島メリーさん死去でジャニーズ事務所と“辞めジャニ”、テレビ局の関係性はどうなる?

文=小林真一(こばやし・しんいち)

藤島メリーさん死去でジャニーズ事務所と辞めジャニ、テレビ局の関係性はどうなる?の画像1
新しい地図Instagram(@atarashiichizu)より

 ジャニーズ事務所を弟のジャニー喜多川氏と共に一大アイドル帝国に育て上げたメリー喜多川こと藤島メリー泰子氏が、8月14日に肺炎のため亡くなった。この訃報を受けて、テレビ業界を中心に大きな動きがあるという。

「ジャニーさんやメリーさんに恩義を感じているスタッフはテレビ業界にとても多いんです。テレビとジャニーズ事務所は共に大きくなっていった歴史がありますから。ジャニーさんとは違って社交的だったメリーさんに若手時代にお世話になったスタッフがいまや役員やプロデューサーになり、ジャニーズのタレントが安定的に番組で使われているという事情もあります。そのメリーさんがいなくなったことで、各テレビ局のジャニーズへの“忖度”はより小さくなるでしょう」(民放関係者)

 嵐の活動休止が発表されてからというもの、ジャニーズ事務所のテレビ局に対する影響力は弱まっていたという。

「これまで、たのきんトリオから嵐まで、テレビ局サイドがどうしても使いたいグループがジャニーズ事務所には必ずいました。だから、ジャニーズはテレビ局と対等かそれ以上の影響力を持っていて、退所したタレントを地上波で使わないよう指示もできたん。ですが、今となっては、逆にジャニーズが頭を下げてテレビ局まわりをしないといけなくなった。King & Princeに加えてSixTONESとSnow Manも売り込まないといけず、テレビ局の顔色をうかがう立場になっているんです。
 一方で、“辞めジャニ”の人気はまだ健在ですね。『新しい地図』の草なぎさん、稲垣さん、香取さんは好感度も高いですし、どのテレビ局も使いたがっています。メリーさんへの義理もあるので使ってこなかったわけですが、そのメリーさんがいなくなることで『新しい地図』を始め、赤西仁や錦戸亮なども、年末にかけて“地上波解禁”になっていく可能性が高いですよ」(民放関係者)

 そんな“辞めジャニ”の大活躍が、ジャニーズ事務所を苦しめているという。

「『新しい地図』の3人には、今年の『紅白歌合戦』出場の話が急浮上しています。長瀬智也さんは芸能界を引退したにも関わらずインスタ人気がすごいですし、赤西さんと錦戸さんもコアなファンを増やしている。手越祐也さんも含め、辞めたタレントの分だけ、事務所の売上がごっそり消えた状況です。嵐の関連商品が今年も引き続き売れているとはいえ、ジャニーズ事務所の売上はコロナの影響もあって、ガタ落ちしているといわれています」(民放関係者)

 創業者の2人がいなくなったジャニーズ事務所。ジャニーズ帝国はこのまま衰退していってしまうのか──?

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2021/08/23 17:00

藤島メリーさん死去でジャニーズ事務所と“辞めジャニ”、テレビ局の関係性はどうなる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真