日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > もう中に感嘆の藤岡弘、「やっぱお笑いって…」

もう中学生に感嘆する藤岡弘、「やっぱお笑いって深いんだねぇ」 めくるめくバラエティトークの世界

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

もう中学生に感嘆する藤岡弘、「やっぱお笑いって深いんだねぇ」 めくるめくバラエティトークの世界の画像1
藤岡弘、Instagram(@hiroshi_fujioka_official)より

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(8月29日~9月4日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

藤岡弘、「やっぱお笑いって深いんだねぇ」

 気づけばテレビでトークを見ている。いわゆる「トーク番組」以外の番組でも、その中心におかれているのはしばしば出演者たちのトークだ。

 トークの多さは、制作費の少なさやコロナ禍のロケの難しさなども理由かもしれない。番宣の俳優が出演しやすいからかもしれない。芸人の“芸談”に対する視聴者の興味の高まりもあるのかもしれない。理由はいろいろあるのだろうけれど、とにかく気づけばテレビでトークを見ている。

 そんな先週のテレビのトークのなかから、面白かったものを3つピックアップしたい。

 芸人の賞レース番組では、ネタだけでなくネタ後の審査員とのトークがしばしば注目される。一昨年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)のニューヨークのように、ネタ終わりのトークが話題になり、いまのブレイクにつながっていると思われるケースもある。決勝に進出した芸人が、ネタだけでなくトークも周到に準備しているという話もよく聞く。

 そんななか、3日の『千鳥の芸人C-1グランプリ』(テレビ朝日系)で新たな「グランプリ」が放送されていた。題して「ツボ難しい-1グランプリ」。藤岡弘、、安藤優子、長州力といった笑いのツボがわかりにくい審査員に、芸人たちのネタを審査してもらう企画だ。

 そんな企画のネタ終わりのトークがスゴかった。ここでは、もう中学生と審査員たちのトークを紹介したい。

 もう中学生が披露したネタは「天守閣ゲーム」。彼のネタを知っている人ならおなじみの、ダンボールで作った背景にダンボールで作ったアイテムをかざして、それに合わせて観客の発声を求めるコール&レスポンス系のネタだ(って、どんな系統のネタだ)。最初、声を出すのは安藤だけだったが、徐々に藤岡もレスポンスし始めた。

 ネタを見終わった安藤は自分が彼のネタになぜ笑ってしまったのかを解説。これに、もう中も応答した。

安藤「(声を出すことに)まずすごい抵抗があったんですけど、やったらやたらおかしくなっちゃって。笑いってこういうことなんですね」

もう中学生「安藤さんのおっしゃるとおり、笑いとは天守閣ゲームなんだと思います」

安藤「全然違うと思う」

 安藤のコメントを受ける形で、藤岡も、もう中のネタを講評した。

藤岡「安藤さんのいうように抵抗があってね。入り込んであげなきゃいけないのかなと思いながら言ってたんだけど、決してノッて言ってたわけじゃないんだけど、引き込まれてしまったっていうかな。なんかね、急にそれがおかしくなってきたってとこがあってね」

もう中学生「おっしゃってくださるとおり、コーヒーのブラックとかのように、どんどんどんどん引き込む。最初の一口目から二口目、三口目いくと、あれ? さっきとまた違う表情してるなって気持ちを自分でも伝えたかったんで」

藤岡弘「なるほど。コーヒーの深さと同じでさ。やっぱお笑いって深いんだねぇ」

 もう中学生のネタの面白さを、自分の内面の揺れを描写し解説する安藤のさすがなコメントから始まったトークは、「笑いとは?」的な抽象的な話に飛躍。もう中の独自理論を挟み、笑いの深みを感じ取る藤岡の感嘆で終わった。一連のトークの末に藤岡が勝手に浅瀬に深みを感じて溺れてしまう感じが面白かった。

 というか、もう中学生のコメント、藤岡のコーヒー好きをふまえてのものと思われる。その淹れ方は独特。独自の「珈琲道」を唱え、オリジナルのコーヒー豆も販売している。そんなコーヒー愛に訴えかけるコメントだっただけに、藤岡は浅瀬で溺れたのだ。なるほど、やはり賞レースのトークには周到な準備が必要だ。

123

もう中学生に感嘆する藤岡弘、「やっぱお笑いって深いんだねぇ」 めくるめくバラエティトークの世界のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

土方歳三の謎に包まれた死

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

8歳から内職、経験職種は100種類…作家「爪切男」

 デビュー作『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)で自分の愛した女性たちを描き、ドラマ化さ...
写真