日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 岸井ゆきの&井口理の“恋愛”事情に賛否

岸井ゆきの&井口理の“恋愛”事情に賛否…『#家族募集します』は子どもの気持ちを考えていない?

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『#家族募集します』公式サイトより

「これから先、私たちは人を好きになる前に、“この人はパパとしてふさわしいかどうか”って考えて、審査してからじゃないと恋愛できないの?」

 重岡大毅(ジャニーズWEST)主演のTBS系金曜ドラマ『#家族募集します』の第6話で、シングルマザーの横瀬めいく(岸井ゆきの)が、投げかけた問いだ。9月3日に放送された第6話では、めいくが「久しぶりに恋してみっかなぁ」と言い出し、“彼氏候補”を皆で暮らすシェアハウス「にじや」へ連れてくる、という波乱の展開が描かれ、視聴者をざわつかせていた。

 めいくの“彼氏候補”である売れないミュージシャン・ナオトを演じていたのは、King Gnuの井口理。第2話でめいくが息子を置いて失踪した回以来の出演だ。恋人でもなんでもなく、「恋したい」と突っ走るめいくにただ巻き込まれる形で訳が分からぬまま連れてこられ、めいくの“家族”から、将来設計をどう考えているのか、本気で音楽をやっているのかなどと詰められる、不憫すぎる青年役をコミカルに演じていた。その味のある名演に「井口さんの演技最高」「井口くん、自然な演技だった。なんで俺ここに…?っていう戸惑いがすごく出てた」と賞賛する声や「井口さんはとっくに音楽で飯食ってます笑」などのツッコミも多数上がり、井口の出演が大きな反響を呼んだ回だった。

 だが一方で、めいくの息子・大地(三浦綺羅)は表情を曇らせていたこともあり、めいくの行動にモヤモヤする視聴者も多かったようだ。確かに、井口の名演とコントのような展開に笑わされはするが、未成年の子を持つシングルマザーにとって恋愛はシリアスな問題だ。大地の前で恋がしたいと宣言したり、新しいパパ連れてきたらどうする?と聞いたり、突然彼氏候補を連れてきたり……、めいくの自由奔放すぎる振る舞いに、ネットでは「子どもの前でそんなん言わないでよ……親の恋愛なんて見たくないよ」「親の恋愛事情しんどい」「子ども目線で見てしまっていろいろ思い出して辛くなっちゃったな」といったネガティブな声も。

 最終的には、「私のせいで、大地にパパはいない」「申し訳ないなって。たまに考えちゃうよね。やっぱり……父親は必要なのかな?って」と本音を語るめいくに、大地が「僕、パパはいらない。ママがいるからいらない。ここにはみんなもいるから」と伝え、今回のこの珍騒動は幕を降ろす。これほど息子の心と周囲をかき乱しておいて、実は息子のためを思っての行動だったとするのは、少々雑に感じてしまう幕引きだった。モヤモヤを抱えたままの視聴者も多かったのではないだろうか。

 もちろんシングルマザーだって、恋愛は自由だ。だが未成年の子どもがいる以上、親ひとりだけの問題ではない。子どもにとっては人生が左右されるかもしれない、とてもナーバスで重大な問題だ。冒頭のめいくの問いかけも、もしかしたら多くのシングルマザーやファーザーが抱えている心情なのかもしれない。そういった問題にスポットライトを当てる意味では、意味のある回だった。ただ一方で、大地と同じ立場にいて、苦しい思いをしていた、あるいは今まさにしている視聴者もいることだろう。描き方によっては、反感を招くことになる。心温まる新時代のホームドラマを謳っているからこそ、『#家族募集します』には親だけでなく子どもたちの気持ちにも寄り添った、より丁寧な描き方を期待してしまうのだ。

 9月10日に放送される第7話では主人公の俊平(重岡)と礼(木村文乃)の関係にも新たな展開が待っていそうだ。視聴者からは親同士の恋愛は不要、なんて声が多く噴出しているだけに、そちらの今後の展開も気になるところだ。そろそろ最終回も見えて来る頃、モヤモヤせずに最後まで温かな気持ちで見届けたい。

■番組情報
金曜ドラマ『#家族募集します』
TBS系毎週金曜22時~
出演:重岡大毅、木村文乃、仲野太賀、岸井ゆきの、金子大地、小松和重、福山翔大、丸山礼 、石橋蓮司、佐藤遙灯、宮崎莉里沙、三浦綺羅 ほか
脚本:マギー
演出:福田亮介、村尾嘉昭
プロデューサー:佐久間晃嗣、岩崎愛奈、那須田淳
主題歌:ジャニーズWEST「でっかい愛」(Johnny’s Entertainment Record)
製作:TBSスパークル、TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/kazokuboshuu_tbs/

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2021/09/10 12:00

岸井ゆきの&井口理の“恋愛”事情に賛否…『#家族募集します』は子どもの気持ちを考えていない?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独と本音

 18歳未満で家族の介護に携わっている人のことを「ヤングケアラー」と呼ぶ。  家族に...
写真