日刊サイゾー トップ > 芸能  > テレビ局がやたら「コロナ会食」をするのは…

テレビ局がやたら「コロナ会食」をするのは、制作スタッフの“独自判断”が要因か

文=与良天悟(よら・てんご)

テレビ局がやたら「コロナ会食」をするのは、制作スタッフの独自判断が要因かの画像1
写真/Getty Imagesより

 新型コロナウイルス感染拡大防止による「会食禁止」を巡って、テレビ局が狙い撃ちされているーー。

 今度は「デイリー新潮」が、名古屋の民放テレビ局中京テレビで7月、現役の男女のアナウンサーや局員が大勢で家飲みをしたことをきっかけに、局内で感染者が出たにも関わらず公表されていなかったことを報じた。

 記事によると、家飲みがあったされる時期は愛知県が独自で厳重警戒措置を発令、前日まで政府のまん延等重点措置があり、解除された直後だったという。

 在名のテレビ局関係者は「中京テレビに出入りする人たちは『ようやくネットニュースが追いついてきたか』と軽口を叩く人もいたほど。局内外でも話は広まっていますが、まるで反省の色が見られない」と呆れかえっている。

 振り返れば今夏だけでも日本テレビ、テレビ朝日、ABCテレビなど複数のテレビ局関係者が、政府や自治体の意向を無視した形で宴を繰り広げた様子が、鮮明に報道されている。別のテレビ局関係者は「内部リーク犯がいる」と逆ギレしている輩もいるようだが天…。

「地上波テレビ局の報道番組を見れば『自粛してください!』『医療体制が崩壊している』などと散々、コロナ関連で煽りまくった挙句、自分たちは襟を正すことなく飲み会に繰り出している。売り上げが落ちたといっても、もともと高給取りが多い業界で、このご時世でもさほど懐は痛めていない模様。むしろ、クラウド系の企業からのCM出稿が増えた分、増収増益になっている局もあるほどです。ただ、一部のスタッフの暴走に、快く思わない関係者がいるのも事実。言い換えれば『飲み会に誘われなかった』『飲み会を止めろと伝えたのにスルーして、どんちゃん騒ぎが目についた』など、正義を振りかざして告発しているふしもあります」

 今回の件は、テレビ局内でコロナをめぐって“情報の分断”が起こっているという見方もあるという。

「局員たちは情報番組、報道番組の制作を行う際、コロナにまつわる公式、非公式の情報が自治体、医療関係者、政治家などから常に情報収集している分、世に出ていない話も多々知っているわけです。その上で『もう大丈夫だろう』と自らの基準で判断し、夜の街に向かう者もテレビ局関係者は多い。そもそも飲み食いが好きな人が多い、というのも背景にはありますね(笑)。この文化がコロナ禍をきっかけに分断され局内の空気はとても悪い」

 先日は、テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーも家飲みした写真を「週刊新潮」(新潮社)で掲載されたが、この流れはしばらく続きそうだ。

与良天悟(よら・てんご)

与良天悟(よら・てんご)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

最終更新:2021/09/11 06:00

テレビ局がやたら「コロナ会食」をするのは、制作スタッフの“独自判断”が要因かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

〈SHAKKAZOMBIE〉の “OSUMI”追悼座談会

 オオスミタケシ氏が逝去という突然の訃報に胸を衝かれた1月下旬。昨今は「ミスター・ジ...
写真