日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 映画『レミニセンス』が描く「想い人への執着」

『レミニセンス』はコロナ禍では他人事じゃない「想い人への執着」の映画だった

文=ヒナタカ

『レミニセンス』はコロナ禍では他人事じゃない「想い人への執着」の映画だったの画像1
C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 2021年9月17日より、映画『レミニセンス』が公開される。

 本作の監督・脚本はドラマ『ウエストワールド』で高い評価を得たリサ・ジョイ、その夫でもあり『ダークナイト』(08)や『インターステラー』(14)では共同脚本も手がけたジョナサン・ノーランが製作を務めている。

 予告編の印象やパッと見のビジュアルから、そのジョナサン・ノーランの兄であるクリストファー・ノーラン監督の『インセプション』(10)を思い出す方も多いだろう。実際の本編は、「人間の心理を圧巻のビジュアルを通じて描いたSFアクションサスペンス映画」という『インセプション』と似た要素もある一方、本質的には全く異なる作品であると思えた。さらに詳しく魅力を記していこう。

決して褒められたような人物ではない主人公

『レミニセンス』はコロナ禍では他人事じゃない「想い人への執着」の映画だったの画像2
C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 あらすじを簡単に記そう。元軍人で今は記憶を追体験させる仕事に就くニックの元に、謎めいた美女のメイが訪れ、彼らは恋に落ちる。後にニックは検察からギャング組織の男の記憶に潜入するミッションを命じられるのだが、なぜかメイが事件に関わっていたことを知り、彼女の動向を追い続けることになる。

 「カッコいいミッションに挑むアクション巨篇」を想像される方もいるかもしれないが(その要素もあるが)、実際に観てみると「ロマンティックだけど危ういラブストーリー」という印象も強い。何しろ、主人公は仕事場にやってきた美女へ、純粋な恋心という領域を超え、明らかに「執着」をしているからだ。

 もっと下世話な言い方をすれば、一時的に好き合っていたと「思い込んでいる」美女に対して、年甲斐もなく入れ込んでしまう話でもある。その執着ぶりは、検察からの依頼をほっぽいて美女を追うことを優先している、「職権濫用しすぎだろ!」と良い意味でツッコめるほどで、半ばコメディの様相にさえなっていた。

 そのことからもわかる通り、主人公は決して褒められたような人物ではない。同僚の女性からも勝手な行動を諌められることもあるし、執着がすぎるあまり間違った言動をしてしまうこともある。だが、どうしても忘れられない想い人に執着してしまう気持ちそのものは理解できる。決定的な過ちをも犯してしまいそうな主人公だからこそ、その旅路にハラハラするし、成長の物語としての感動もあった。

 また、執着をすることになる美女は、典型的な「ファム・ファタール(魔性の女)」でもある。ファム・ファタールはリサ・ジョイ監督のドラマ『ウエストワールド』のエピソードにも出てくる、人を翻弄し、矛盾と秘密に満ちている存在だが、男を破滅させるだけの一筋縄な人物というわけでもない。そして、そのファム・ファタールの目的とは?何を考えていたのか?と思考を巡らせながら、その真相を追い求める過程が、本作の最大の魅力と言っていい。途中の「えっ!?」と驚くとある「仕掛け」も、良い意味で翻弄させてくれるだろう。

 余談だが、本作が影響を受けた映画にはアルフレッド・ヒッチコック監督の『めまい』(58)がある。どちらも「美女の幻想に囚われる」物語であり、「そうすることでしか生きられない」人間の哀しい性(さが)を追った作品であることもわかるだろう。

12

『レミニセンス』はコロナ禍では他人事じゃない「想い人への執着」の映画だったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真