日刊サイゾー トップ > エンタメ  > マヂラブ「漫才師とかコント師なんて職業は存在しない」

マヂカルラブリーが「漫才師とかコント師なんて職業は存在しない」と考えるワケ

文=鈴木工(すずき・たくみ)

マヂカルラブリーが「お笑い芸人」を名乗る理由――漫才師もコント師も本当は存在しない「面白いヤツだったら、どっち作ってもよくないですか」の画像1
マヂカルラブリー(写真/池ノ谷侑花)

「R-1ぐらんぷり2020」優勝、「M-1グランプリ2021」優勝、そして三冠をかけて「キングオブコント2021」へーーマヂカルラブリーは、そんな破竹の勢いの真っ只中にいる。M-1チャンピオンとなったことで(議論が紛糾したとはいえ)漫才のイメージが強くなっているが、単独ライブは実はコントが多い。2人にとってコントとは何か。そこにはどんな持論があるのだろうか? 奇しくも本取材は、「キングオブコント」決勝進出者発表の3時間前に行われた――。

ネタの形式で“職業”を決めてほしくはない

――「M-1」優勝後で初となる単独ライブ「試合はまだですか監督!!」(ルミネtheよしもと・2021年6月11日)を見ました。漫才なしで全部コントでしたね。

野田 異質ではありますよね。僕ら、コントのイメージがないみたいですけど、単独ライブは基本コントなんですよ。
村上 大体コント5~6本やって漫才1本という感じで。
野田 インディーズのときは、単独はわがままなコントをやるものだと思っていたんです。単独で漫才やってるのを見たことなかったんで、よしもと入ってびっくりしました。漫才やってるし、それどころかコーナーライブやりだしたときは尻もち着きましたもん。「えっ、単独でコーナーやるの? ライブじゃん!」って。
村上 単独って言ってるのに、ゲストいますもんね。
野田 異常ですよ。もし外(インディーズ)にいたら、コント中心でやってたかもしれません。もともとコントが好きでやってるコンビではあるんで。
村上 道具が要らなくて楽だからという理由で漫才やりだした感じなので、本当はコントなのかもしれないです。

――意外です。

野田 もともとよしもとはコントやるのを推奨してないんですよ。昔の∞ホールでは音楽使ったり、途中で明転や暗転してはいけないルールがあったりして。だからコントがやれなくて、みんな漫才やってた感じですかね。
村上 道具も自分で出さなくちゃいけなかったんですよね。椅子や机を置いてから、一回ハケる。
野田 それが東京NSCの9期生ぐらいから、外みたいなコントをやる人が増えてきましたね。その後にはんにゃとかシソンヌとか、コント文化が広がって。8期以前は漫才かピンの営業ネタかしかなかった。
村上 もしくは、ペナルティさんみたいなコント。
野田 そこにしずるやライス出てきて、不思議な感じがしました。9期生はターニングポイントだと思います。漫才もヘンなのが増えましたし。

マヂカルラブリーが「お笑い芸人」を名乗る理由――漫才師もコント師も本当は存在しない「面白いヤツだったら、どっち作ってもよくないですか」の画像2
池ノ谷侑花

――今、漫才とコントの比重を考えたりします?

野田 漫才とコント……。そこ分けるのも、よしもとなんだなと思っちゃうんですよね。もともとお笑いを分ける意識がなかったので、これも入ってびっくりしました。漫才派・コント派って。面白いヤツだったら、どっち作ってもよくないですか。
村上 普段のライブが別々なので、よしもと内でも漫才師とコント師で会わなくなったりしてましたからね。ヘンですよね。
村上 心の底では「“漫才師”なんて職業、ねぇから」と密かに思ってました。「おまえらがそう名乗ってそれしかやらないだけだろ? 売れたいと言ってるならコントもやれよ」と。
村上 別に漫才師検定みたいなものもないですしね。
野田 面白い人が2人いるんだから、どっちもやれるはずなんで。

――でも、M-1で優勝したことで「漫才師」と呼ばれる機会が増えたのでは?

村上 呼ばれますけど、僕ら漫才師ではないですからねえ。
野田 お笑い芸人です。それこそピンネタもやってるし、ネタの形式で職業を決めてほしくはないですかね。歌手にたとえたら異常じゃないですか? 「バラード師」って言われるようなもので。歌手だから何を歌ってもいいのに、歌のジャンルを職業にされるのは気味が悪いです。

1234

マヂカルラブリーが「漫才師とかコント師なんて職業は存在しない」と考えるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『わたしの星』がU-NEXTで配信!

 殺人的な暑さが続いていますが皆さんはお元気...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真