日刊サイゾー トップ > エンタメ  > マヂラブ「漫才師とかコント師なんて職業は存在しない」

マヂカルラブリーが「漫才師とかコント師なんて職業は存在しない」と考えるワケ

モダンタイムスになれなかった成れの果てが売れていってるだけ

マヂカルラブリーが「お笑い芸人」を名乗る理由――漫才師もコント師も本当は存在しない「面白いヤツだったら、どっち作ってもよくないですか」の画像6
池ノ谷侑花

――今、このコントが好きだという芸人さんはいます?

野田 みんなリスペクトはしてますよ。
村上 特にこれという芸人がいるわけじゃないですけど、シソンヌも5GAPも好きだし、男性ブランコのネタは面白い以前にお話が良かったりして、いいなと思いますね。
野田 あとコントの面白さでいったら、今はかもめんたるさんじゃないですかね。強いのは。

――「面白い」と「強い」は違う?

野田 「面白い」でいうなら、若手が1本ぐらい面白いネタ持っててもおかしくないじゃないですか。それに対して「強い」は、つまらないネタもあるかもしれないけど、その芸人とは競いたくないというか。かまいたちも強いイメージありますね。

――ちなみに野田さんが師匠と仰ぐモダンタイムスさんからは、コントで影響は受けてますか? インタビューの最初に「わがままなコント」と言っていたのが、モダンタイムスさんのことなのかなと。

野田 たしかに俺が一番最初に見た、わがままなコントの代表はモダンタイムスでしたね。

――それは好き勝手やってるという意味ですか?

野田 間違いなく好き勝手にはやってますね。でも好き勝手にはやってたと思ってたんですよ、当時の僕も。そのとき見たモダンタイムスは、縛りがなかった。うーん、言葉が難しいですね。意表を突くかというと意表は突いてないんですよね。でも、意表は突かれている。思いもしなかったことはやっている。でも、思いもしなかったことはしていない……難しいですねぇ。なんにせよ、当時の野田少年はびっくりしました。

マヂカルラブリーが「お笑い芸人」を名乗る理由――漫才師もコント師も本当は存在しない「面白いヤツだったら、どっち作ってもよくないですか」の画像7
池ノ谷侑花

――今年の「キングオブコント」準決勝では、マヂカルラブリーさん、アルコ&ピースさん、モダンタイムスさんと地下ライブ出自の盟友3組が揃うかという期待もありました。

村上 いつもモダンタイムスだけいないんですよね。ゴー☆ジャスさん、アルピーさん、夙川アトムさん……『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ)に仲良しチームが揃っても、リーダーだけいない。
野田 でも結局、モダンタイムスになれなかった成れの果てが売れていっているだけですからね。全員、罪悪感を感じていますよ。アルコさんもシュールと言われて「(モダンタイムスに比べて)これがシュールなのか」と思っているだろうし、「あんなの漫才じゃない」と言われた俺らもそうだし。
村上 バンドでいうとeastern youthですよ。影響受けて生まれたミュージシャンは売れているのに……。モダンタイムスという源流が濃すぎるんです!
野田 毒ですね。アルコールも薄めないと飲めないですから。

■クレジット
文 鈴木工
写真 池ノ谷侑花
編集 斎藤岬

マヂカルラブリーが「お笑い芸人」を名乗る理由――漫才師もコント師も本当は存在しない「面白いヤツだったら、どっち作ってもよくないですか」の画像8
池ノ谷侑花

■プロフィール

マヂカルラブリー
2007年結成。野田クリスタル(1986年生まれ、神奈川県出身)と村上(1984年生まれ、愛知県出身)のコンビ。「R-1ぐらんぷり2020」優勝(野田)、「M-1グランプリ2020」優勝。レギュラー番組に『マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)がある。2021年9月現在、「キングオブコント2021」決勝を控える。

鈴木工(ライター)

ライター。「Quick Japan」「芸人芸人芸人」などでお笑い芸人関連のインタビューや記事を執筆。また、「プレジデント」では編集を担当する。

Twitter:@7142128354249

すずきたくみ

最終更新:2021/10/01 19:27
1234
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed