日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『紅白』演歌枠縮小は受信料問題が原因?

五木ひろしも卒業で…NHK『紅白』演歌枠縮小は「受信料問題」が原因?

文=与良天悟(よら・てんご)

五木ひろしも卒業で…『紅白』演歌枠縮小は「NHK受信料問題」が原因?の画像
Getty Imagesより

 演歌歌手・五木ひろしが今年の大晦日に放送される『第72回NHK紅白歌合戦』に出場しないことが報じられた。

 五木は今月17日に大阪市の新歌舞伎座で『五木ひろし 50th Anniversary メモリアルコンサート』を開催。この日は、現在の芸名に改名して50周年となるメモリアルコンサートの最終日だった。五木といえば、1971年の初出場から歴代最長記録となる50回連続での『紅白』出演を達成したが、「(50回出場は)簡単に達成できるものではありません。喜びを胸に終了したいと思います」とコメント。『紅白』から“卒業”することをファンに報告した。

 音楽業界関係者は語る。

「演歌界の大御所として知られる五木さんの『紅白』出演は、通算で北島さんと並ぶ50回となる歴代最多タイ、連続出場回数という点では単独で歴代1位となります。ともに演歌界を牽引してきたライバルの北島さんや森進一さんが“卒業”する中、昨年に金字塔を打ち立てたことで『次は五木さんの番では?』と業界内でも目されていました。実際、今回の卒業に関しては五木さん本人もかなり前から決めていたようです」

 五木は昨年の『紅白』で前半最後に登場し、2000年の大トリで歌った「山河」を披露したが、毎年応じていたリハーサル時の囲み取材をキャンセルし、「みなさまに支えられ、たどりついた50回連続出場。私にとっても大きな区切りとして、万感の思いを込めて歌います」とのコメントを発表していた。もしかすると、すでにその時から卒業を意識していたのかもしれない。

 そうした中、五木の卒業で今後ますます『紅白』で苦しい立場に立たされそうなのが、演歌勢だ。かつては活躍の目立った演歌勢も、昨年は出場歌手41組中9組にとどまるなど露出を減らしている。

「特に今年は、東京オリンピック・パラリンピックの開催を受けて『紅白』でも五輪企画コーナーが催され、その関連アーティストの“優先出場”が予想されます。演歌勢にとっては例年以上に厳しい状況が予想されていましたが、大御所の五木さんの卒業発表がますます追い討ちになった格好です。そもそもNHKは近年、将来的な受信料確保の観点から、若者の視聴者を意識した番組作りを進めており、アイドルを多用したり、アニソン歌手や声優ユニットを重宝したり、露骨なまでに新しい試みを試していますからね」(前出の音楽業界関係者)

 かつては紅白の花形だった演歌歌手も受信料には勝てない!?

与良天悟(よら・てんご)

与良天悟(よら・てんご)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

最終更新:2021/10/23 07:00

五木ひろしも卒業で…NHK『紅白』演歌枠縮小は「受信料問題」が原因?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

NHK紅白の時代遅れ感が露呈?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真