日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > SixTONES髙地優吾、“地元ではMC担当”!?

SixTONES髙地優吾、“地元ではMC担当”!? 「イジられキャラ」から別の顔に変化に松村北斗&ジェシー「見てみたい!」

公式サイトより

 10月22日放送の『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)に、司会としてSixTONESの松村北斗とジェシーが出演。息のあったトークを展開し、ファンを喜ばせている。

 今回の放送は8月・9月放送分のセレクションということで、SixTONESやSnow Manのほか、Travis JapanやHiHi Jets、美 少年や7 MEN 侍、少年忍者にIMPACTorsといったグループのパフォーマンスが放送された。そんな中、8月6日放送分としてTravis Japanの川島如恵留、美 少年の佐藤龍我、7 MEN 侍の中村嶺亜、HiHi Jetsの橋本涼、少年忍者の織山尚大、IMPACTorsの佐藤新による「青春アミーゴ」(修二と彰)をセレクト。

 このパフォーマンスを受け、スタジオトークで松村が「俺らはJr.時代、2人で歌ったりしたけど。あれか、『青春アミーゴ』はやってないのか?」とジェシーに聞くと、ジェシーは「そうだね、バックとかSixTONESでなんかやったことはあるけど。2人でやった曲はね、楽曲は違うけど『strategie』、KinKi Kidsさんの曲。俺が歌って北斗が踊るっていう」と発言。松村も「あったね。ちょっと当時めずらしい」と同意すると、ジェシーは「『STAR RIDER』! KAT-TUNさんの」とJr.時代に披露した曲について名前を挙げ、さらに「振り付け自分たちでなんか考えなかった?」と当時を述懐。松村が「『STAR RIDER』とかそうよ!」と頷くと、ジェシーは「最初サビ僕で、その後北斗で」と懐かしそうに振り返り、松村も「当時2人で振り付け作ってたのはちょっとめずらしかった」としみじみ。ジェシーが「振付師さんにやってもらうより自分たちでやりたい、みたいな。とんがり時期というか」と当時を振り返ると、松村も「自分たちでもできるぜ、みたいな。で、最終的に作ってって、まあサビとかは頑張ったけどAメロ、Bメロ、間奏とかは最終的に振付師さんに頼んだもんね。作れなかったです。ちょっと『ざまあみろ』みたいな。雰囲気ありましたけど……。懐かしいね」と苦笑したのだった。

 さらにスタジオトークでは、視聴者からの質問に答えるコーナーにて、SixTONESメンバーの知られざるエピソードが飛び出す場面も。視聴者からの「冗談で親友をイジったつもりが本気に受け止められ、そこから大げんかに発展。謝って仲直りできたが、以後発言には気をつけている。みなさんはメンバー同士でケンカなどした経験はありますか? その時どのように仲直りしましたか?」という問いかけを受け、ジェシーは「ケンカねえ。まあ髙地(優吾)をよく、今もイジってるんですけど。今はあいつも受け入れてね、逆にそれがおいしいということに気付き大人になり……」とメンバーの髙地優吾について言及。松村が「他の番組でもできるだけいじられるように立ち回り……」と話を補足すると、ジェシーは当時について「『は?』みたいに眉毛をこういうふうに……」と眉間にシワを寄せる表情をしながら、髙地がイジられるのを嫌がっていたことを明かした。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed