日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > SixTONES髙地優吾、“地元ではMC担当”!?

SixTONES髙地優吾、“地元ではMC担当”!? 「イジられキャラ」から別の顔に変化に松村北斗&ジェシー「見てみたい!」

文=森本ナオ(もりもと・なお)

 松村が「ああいう時、謝ってた?」と質問すると、ジェシーは「『冗談だよ~なんで本気になるの』みたいなそんな感じ。時間が流れたら皆忘れる」と発言。さらにジェシーは「(森本)慎太郎もね、小さい頃よく(京本)大我と位置の下手か上手を交差するときに、大我が前か慎太郎が前かでギクシャクしてて。わーわーやってたやり取りは覚えてる。帝国劇場の9階で」といった思い出も明かし、松村も苦笑。最後に松村が「どっちも楽しいような愛情のあるようないじりをして、逆に自分もいじられるようにしたら……」と視聴者にアドバイスすると、ジェシーは「髙地の場合はいじられすぎて、あいつ地元帰ると、あいつが地元の友達いじるから。俺たちがいじりすぎて。それを見てみたいね」と髙地のその後について言及。松村も「そうらしいんですよ。髙地は地元に帰るとメインMCらしいんですよ」と補足すると、ジェシーも「バンバントークをまわすらしいですよ!」と大笑い。松村が「(イジられて怒ったという友人に)新しい友達を紹介するっていうのも、1個手かも。手なわけねえか」と苦笑すると、ジェシーは「今日、髙地いたほうが良かったね」と発言。松村も「髙地あとで呼んでくる?」と笑いながら「髙地にあとで(視聴者からの)手紙渡しときます」と話をシメたのだった。

 そして番組最後、ジェシーが「ひさしぶりに“ほくじぇ”(北斗とジェシー)でしたけど」と話をまとめようとすると、松村は「そんなここ(スタジオトーク)多分メインじゃない」と苦笑。その後、松村が「『青春アミーゴ』とかさ、そういうペアっぽいものがあって、久しぶりに俺、少クラさんで“ほくじぇ”、一曲くらい、なんかね……やりたいなと思うわ。『キミハカルマ』(KinKi Kids)でもいいし、なにか。先輩の曲カバーしてもいいし」とやる気をみせると、ジェシーは「あとはスケジュール問題ですね」とニヤリ。その発言にスタジオのスタッフも大笑いするなか、松村が「俺ら意外と空いてんじゃん」とツッコむと、ジェシーは「いま僕舞台終わったんで。あと(松村を指しながら)ドラマと映画出てるんで」と続け、松村に「いいんだよ、宣伝は!」とたしなめられていたのだった。

 この2人の仲睦まじいトークを受け、Twitterではファンからの「ほくじぇが自分でほくじぇって言ってる」「ほくじぇ時代の裏話凄くうれしい」「キミハカルマ見てみたい!是非いつか実現しますように」といった喜びの声が続出していた。

 ジャニーズJr.時代から本番組にてコンビでパフォーマンスを披露して話題になるなど、SixTONESの中でも特に人気の高いコンビである松村とジェシーの“ほくじぇ”コンビ。今回の放送では、2人の息のあった司会ぶりを見ることができ、さらに今後の展開として“ほくじぇ”の共演パフォーマンスの話も出てくるなど、スト担にとってはかなり満足のいく内容となったのではないだろうか。

森本ナオ(もりもと・なお)

最終更新:2021/10/27 06:00
12

SixTONES髙地優吾、“地元ではMC担当”!? 「イジられキャラ」から別の顔に変化に松村北斗&ジェシー「見てみたい!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

"おひとりさま"にやさしい7人組・BOCCHI。

 デビューライブには100人のファンが集まったのに、次のライブの物販に並んだのは4人...
写真