日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『チコちゃん』マヨネーズは目玉焼きにも餃子にも合わない?

『チコちゃんに叱られる!』科学的な調査でマヨネーズの評価が散々! 目玉焼きにも餃子にも合わない?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『チコちゃんに叱られる!』科学的な調査でマヨネーズの評価が散々! 目玉焼きにも餃子にも合わない?の画像1
『チコちゃんに叱られる!』(NHK)

 10月29日放送『チコちゃんに叱られる!』(NHK)のゲストは、松村北斗(SixTONES)とYOUの2人。YOUはチコちゃんから「FAIRCHILD」と紹介されたが、果たして彼女のミュージシャン歴を覚えている人はいるのだろうか? ちなみに、チコちゃんの“中の人”である木村祐一と松村はドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)で共演した過去があり、松村は木村のお気に入りだ。

 今回は、松村とYOUが出演する朝ドラ『カムカムエヴリバディ』(NHK)の番宣を兼ねた出演のよう。YOUが出演する『ねほりんぱほりん』(NHK)の番宣ではないらしい。

平成元年まで納税証明が貼られていた日本のトランプ

 この日最初のテーマは、「なんでスペードのエースだけ大きくて派手なの?」というもの。はて、ポーカーで最強のカードだからだろうか? いや、違う。チコちゃんが発表した正解は「脱税を防ぐため」であった。

 スペードのエースが大きく派手になったきっかけは、18世紀のイギリスに由来する。度重なるフランスとの戦争でお金に困っていた当時のイギリスは、新たな税金「トランプ税」を考え出した。18世紀のイギリス国内ではトランプを使った違法なギャンブルが流行し、飛ぶようにトランプが売れていた。そこで国は「トランプに高い税金をかければお金は入るし、違法なギャンブルも減るだろう」と考えたのだ。税金を納めるのは、もちろんトランプを販売するメーカー。きちんと税金を納めた証明として1セットあたり1枚のカードにスタンプが押され、それがスペードのエースだったのだ。今の時代で言うところのガソリンを思い出してしまう。そして、トランプがそんなに売れていたというのも驚きだ。紙製ですぐダメになったからなのか、イカサマを防ぐ目的で定期的に取り替えていたのか? だとしたら、カジノがトランプを手作りする策もあった気がするのだが。というか識者の解説を聞いているうちに、筆者はモーターヘッドの「Ace Of Spades」が聴きたくなってしまった。

 トランプを作る際は、1枚の大きな台紙にすべてのカードを印刷する。このときはスペードが上の段に印刷されることが多く、裁断して揃えるとスペードのエースが一番上になりやすかった。当時、スペードのエースのマークは他のマークと同じ大きさで、余白部分に税金を納めた証拠のスタンプが押されたのだ。

 しかし、税額があまりに高かかったため、脱税を企てるトランプメーカーと税金を納めてもらいたい役所との間でいたちごっこが勃発する。何しろ、1711年に6ペンスだった税額が、1801年には2シリング6ペンスにまで増税されたのだから。現在の円の価値に換算すると、400円の税金が860円に跳ね上がったようなもの。「これでは商売上がったり」と嘆くトランプメーカーは税金を納めたように見せかけるスタンプを偽造し、結果的に税金未納の違法トランプが世に多く出回るようになった。

 当初のスタンプはデザインが単純だったため、すぐに真似をされた。そこで模様を複雑にし、真似されにくいデザインへと国はリニューアルを決行! ところが、新しいスタンプを作ってもやはり真似をされてしまう。止まらないいたちごっこの中で模様はどんどん複雑になり、その過程で現在のデザインの元となるスタンプが登場した。お馴染み、マークを囲う柄だ。しかし、トランプメーカーはやはりこれも偽造してしまう。まるで、日本のお札を巡る攻防戦のようである。

 そして1765年、納税の証として後からスタンプを押すのではなく、すでに印刷済みのトランプカードがついに登場! 要するに、カードそのものが税金を納めた証になったわけだ。しかし、これも決定打にはならない。トランプメーカーはカードそのものさえ偽造した。

 その後、1800年代前半にイギリスの経済は上向きに。すると、トランプ税の課税額は半分に減額した。高い税金を取って偽造トランプが横行するより、税金を安くして偽造をなくし、確実に納税してもらうほうが効率がよかったからである。そして1862年になると税額はさらに引き下げられ、販売会社がスペードのエースを自由に印刷できるようになった。このときから、スペードのエースのデザインは“メーカーの顔”としてオリジナリティに富んだものへ変わっていく。そして1960年にイギリスではトランプ税が廃止され、スペードのエースだけは大きく派手なまま残り続けた。

 トランプ税が20世紀まであったことが驚きだし、いたちごっこが100年続けていたことも驚きである。そして、日本にトランプ税があったことも驚き。1989年の消費税導入前まで、トランプや花札、麻雀牌などに課税される間接税が我が国にも存在したのだ。平成元年までということは、イギリスよりもっと最近の話。1962年以降の税額はトランプ1組あたり40円で、納税の証明として類税証紙が貼られていた。筆者も、証紙が貼られた花札をかすかに記憶している。

 東京オリンピック2020の入場式で、楽曲提供を辞退した任天堂。トランプメーカーでもある同社の反権力色が強いのは、税制に苦労した過去が由来しているのだろうか?

123

『チコちゃんに叱られる!』科学的な調査でマヨネーズの評価が散々! 目玉焼きにも餃子にも合わない?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

NHK紅白の時代遅れ感が露呈?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

ケンコバ「この番組はヒットしない!」

 絶対に観ない方がいいと言われたら観たくなるのが本能。『ほんトカナ!?ケンドーコバヤ...
写真