日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 窪田正孝主演の月9『ラジハ2』が好調のワケ

窪田正孝『ラジエーションハウスⅡ』好調! 実力派キャストと“月9演出”の安定感

文=斉木順(さいき・じゅん)

窪田正孝主演『ラジエーションハウスⅡ』が好調維持! 実力派キャストと“月9演出”の安定感の画像
ドラマ公式サイトより

 窪田正孝が主演するフジテレビ系「月9」枠の連続ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』が好調をキープしている。視聴率や話題性は上昇傾向にあり、堅実に視聴者からの評価を高めているようだ。

 人気コミックを原作にした同作は、2019年4月期に同枠で放送されたドラマの続編。「甘春総合病院」の放射線科を舞台に、レントゲンやCTで患者の「視えない病」を見つけ出す天才放射線技師・五十嵐唯織(窪田)ら“縁の下のヒーロー”たちの活躍を描く。

 約2年ぶりとなるシーズン2は、ヒロインの甘春杏を演じる本田翼や、五十嵐にひそかに思いを寄せる広瀬裕乃役の広瀬アリス、姉御肌の中堅放射線技師・黒羽たまきを演じる山口紗弥加、、放射線技師長の小野寺俊夫に扮する遠藤憲一らおなじみのメンバーに加え、新レギュラーとして高嶋政宏や八嶋智人が登場。10月4日に放送された初回は、平均世帯視聴率11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好スタートを切った。

 しかし、第2話では9.8%と一桁に下落。そのまま「一桁続き」となる可能性もあったが、第3話で10.8%とすぐに二桁に復帰すると、第4話も10.6%と同水準で推移し、11月1日に放送された第5話は11.1%と上昇して初回に並ぶ数字を記録した。

 また、見逃し配信でも強さを発揮しており、初回は1週間で251万回再生(FOD、TVer、GYAO!、Yahoo!の合計値)に到達し、前クールの『ナイト・ドクター』を抜き、フジテレビ全番組の歴代最高記録を樹立している。

 SNS上でも「ラジハ2、しっかり作りこまれていて安定感がすごい」「役者さんたちの演技がうまいから引き込まれる」「原作が面白いからドラマも安心して観ていられる」といった高評価の声が回を重ねるごとに増えているようだ。

 今期は、米倉涼子が主演するテレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第7シーズンや、主演の小栗旬をはじめ豪華キャストが集結したTBS系日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』が視聴率面で突出。『ドクターX』は初回で貫禄の19.0%を記録し、4話連続で15%以上と絶好調で、『日本沈没』も第1話から3話連続で15%台を叩き出している。その一方、SNSなどでは綾野剛が主演するフジテレビ系『アバランチ』や吉高由里子主演のTBS系『最愛』が話題を集めた。

 『ラジエーションハウスⅡ』は当初、視聴率でもSNSでの話題性でもそれほど目立った印象がなかったのだが、実はどちらも堅実に結果を出していたようだ。

「もともと窪田正孝さんは演技力に定評があったのですが、第1シリーズが終了してから2年の間にさらに実力を高め、演技派俳優として着実にステップアップしています。来年1月公開予定の主演映画『決戦は日曜日』も試写会での評判が非常にいい。そんな窪田さんを中心としたレギュラー陣は演技力に安定感があり、賛否が起こりやすい本田翼さんの演技も、シーズン2ということで見慣れたという人が多いのか、比較的、視聴者から好意的に受け入れている。また、同じ医療ドラマの『ドクターX』と掛け持ちしている遠藤憲一さんの演じ分けの上手さも話題です。そうしたキャスト陣の奮闘とチームの結束の強さから生まれる現場の雰囲気のよさが視聴者にも伝わり、視聴率の上昇やSNSでの評判のよさにつながっているのかもしれません」(ドラマウォッチャー)

 また、今作の「安定感」はキャストの演技力の高さだけでなく、演出から生まれている面もあるようだ。

「前作に続いて今作の演出を務めている鈴木雅之監督は、草彅剛さんの“結婚3部作”を始め、『ショムニ』シリーズや『鹿男あをによし』などフジのヒットドラマの数々を手がけてきた名演出家。木村拓哉さんとのゴールデンコンビでも知られ、『HERO』シリーズや『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』のほか、大ヒットした映画『マスカレード・ホテル』『マスカレード・ナイト』も手がけてます。『ラジハ』はよく見てみると、『HERO』などのヒット作品を彷彿とさせるシーンが随所にあり、王道の“月9演出”が散りばめられていることも作品の安定感につながっているのでしょう」(前出)

 キャストの実力の高さと王道の演出によって抜群の安定感を発揮している今作。8日放送の第6話には、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太がゲスト出演することが決定しており、レギュラー出演している鈴木伸之(劇団EXILE)との「LDH対決」も見どころとなりそうなだけに、視聴率の上昇傾向に拍車が掛かる可能性もありそうだ。

斉木順(さいき・じゅん)

雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

最終更新:2021/11/08 17:00

窪田正孝主演『ラジエーションハウスⅡ』が好調維持! 実力派キャストと“月9演出”の安定感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(2)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 新生UWFの蹉跌とその後の苦衷から抜け出し、よう...
写真