日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』  > 太田光の炎上で思い出される「ビートたけしの事件」
本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』

爆笑問題・太田光の選挙特番炎上で思い出される「ビートたけしのあの事件」

文=本多圭(ほんだ・けい)

爆笑問題・太田光の選挙特番炎上で思い出される「ビートたけしのあの事件」の画像1

 10月31日にTBS系で放送された『選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ』。人気お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光が、初めて選挙特番の司会にチャレンジするということで注目を集めたが、太田が連発する“失礼発言”に自民党が激怒。太田を起用したものの、結局、選挙特番の中では視聴率最下位に終わり、TBSの責任も追及されている。

 「太田の失礼発言に、視聴者も“調子に乗りすぎ”とドン引き。しかも、自民党の長老を怒らせたことで、自民党も黙っていないでしょう」(報道番組制作スタッフ)

 もっとも炎上した“失礼発言”のひとつが、開票直後に行われた甘利明氏との対談だ。開票早々、平井卓也氏や石原伸晃氏の落選が報じられ、甘利氏自身も、小選挙区(神奈川13区)での苦戦が強いられるなか、当時、自民党幹事長として取材対応した甘利氏に「お元気そうじゃないですね。何かあったんですか?」「甘利さん、これもう戦犯ですよね? もし負けたら」と太田節を炸裂させたうえ、最後は「ご愁傷さまでした」と発言。さらにその後、“自民党のドン“と呼ばれる二階俊博・前幹事長との対談では、「人相が悪いですけど、怒ってますか?」と挑発。これには「君よりもうちょっとマシだよ」と返した二階氏も、太田がさらに「自民党の象徴みたいな存在だと思うんですけど、良い意味でも。悪い意味でも」と言いかけると、「良い意味だよ、悪い意味がどこにあるんだよ、お前」と激怒した。

 「極め付きは、対談の終了間際に『いつまで政治家を続けるつもりですか?』と質問したことでしょう。『それは選挙民のみなさんが決めることであって、君が決めることではない。だいたいね。今日当選したばっかりでね。いつまで政治をやるんですかって、お前失礼だよ』と激怒させました。実際、太田の発言は、二階さんを選んだ有権者をも馬鹿にしています。太田を起用したTBSの責任も問われますよ」(永田町関係者)

 毒舌が売りの太田らしく、鋭く突っ込んだはずが、ネット上でも批判の声が殺到した。

 「れいわ新選組の山本太郎代表との対談では、意見が噛み合わないまま、山本の発言中に中継が終わってしまいましたが、太田は『あいつ、態度悪いね』と吐き捨てた。続く、福田達夫・自民党総務会長との対談も、福田氏の発言中に中継が強制終了。いずれも、自分だけ喋って時間オーバーしたもので、司会の役目を果たせていません」(TBSの報道関係者)

 TBS局内でも、報道関係者からは「いくら、選挙特番で視聴率を取りたいといっても、お笑い芸人をメイン司会に起用したのは明らかにキャスティングミス」という声があがっているといい、「報道部は、これから自民党の取材はやりにくくなる」と危惧する声もあるという。

 「にもかかわらず、選挙特番の視聴率は最下位。TBSの責任が問われると同時に、太田のお笑い生命にも影響しますよ。下手すれば、爆笑問題がレギュラーの『サンデージャポン』のテコ入れがあるかもしれません」(前出の制作スタッフ)

 太田が所属する芸能事務所「タイタン」の代表で、妻の太田光代氏は、夫の発言について「アーリン(太田の愛称)に礼節など無理です」「少なくとも馬鹿ですよ。芸人は」と開き直り、こちらも批判を浴びているが、あるお笑い関係者は「太田社長は”馬鹿な芸人“発言で逃げ切るつもりでしょうが、世の中、そんなに甘くはないですよ。あまり知られてませんが、太田が敬愛するビートたけしは、ツービート時代に“赤信号みんなで渡れば怖くない“という毒舌ギャグが原因で、一時はお笑い生命が危ぶまれ、謝罪に追い込まれたんですから」と証言する。

 たけしといえば、86年、フライデー襲撃事件で逮捕された後、約8カ月の謹慎を経て復帰したが、「復帰が早すぎる」と主張した右翼団体が、連日、街宣車を繰り出して抗議。たけしがレギュラー番組を持つテレビ局や、当時所属していた「太田プロクション」に30台以上の街宣車で押し掛けた。

 「最終的には和解したんですが、その条件のひとつが、ツービートの“赤信号みんなで渡れば怖くない“のギャグをテレビで訂正・謝罪することだったんです」(元事務所関係者)

 たけしは、レギュラーを務めていた『スーパージョッキー』(日本テレビ系)で「“赤信号みんなで渡れば怖くない”は間違いでした」と謝罪した。

 「視聴者にとっては唐突な謝罪で、意味がわからなかったと思いますよ。たけしは、自らの毒舌で追い詰められたんです」(前出のお笑い関係者) 

 たけしの謝罪から34年。もはや、“芸人だから”と許される時代は終わっている。

 ある政治ジャーナリストも、「ストレートに質問すれば受けると思ったんでしょうね。しかし、言って良いことと悪いことがある。太田は調子に乗りすぎた。自民党は2人の長老がテレビの前で馬鹿にされたんですから、黙ってませんよ」と警告するが、太田と妻の太田社長の今後の動向に注視したい。

(文=本多圭)

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴40年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。主な著書に『 スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら』など。

サイト:記事一覧

最終更新:2021/11/11 18:19

爆笑問題・太田光の選挙特番炎上で思い出される「ビートたけしのあの事件」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真