樋口一葉も没落士族…渋沢栄一が「国利民福」訴えた背景に明治期の“貧富の差”

文=堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

渋沢が国利民福を目指した背景にある明治期の貧困問題

樋口一葉も没落士族…渋沢栄一が「国利民福」訴えた背景に明治期の“貧富の差”の画像2
岩崎弥太郎

 前回のドラマでは、渋沢が岩崎弥太郎(中村芝翫さん)から料亭に招待され、初対面するシーンもありました。「多くの民から金を集めて大きな流れを作り、得た利でまた多くの民に返し、多くを潤す。日本でもこの制度を大いに広めねば」「事業は国利民福を目指すべき」と自身の信条を披露する渋沢ですが、「欲は罪やない。欲のあるき人間が前進する」「経済には勝つもんと負けるもんがある」「才覚あるもんが強うあってこそ国利」と熱弁する岩崎に若干、押され気味ではありましたね。

 岩崎の能力主義・自己責任論的な主張はもっともなのですが、貧富の格差が大きすぎる社会は結果的に停滞しか生みませんし、社会不安が高まる可能性があります。渋沢の言葉に一理あるように筆者などは思うのですが……。

 実際、明治初期以降、東京には地方から多くの農民が流れ込み、貧しい人々が固まって住む「貧民窟(=スラム)」が急増する問題が報告されるようになりました。その周辺の治安が悪化したのですね。江戸期にもスラムは存在していましたが、庶民に移動の自由が制限されていたこともあり、明治期ほど巨大化し、問題視されることはありませんでした。

 明治期の貧民街の特徴は、便利な地域に固まっていった点にあります。明治40年代になると、都内の貧民窟の83.5%が下谷、浅草、本所、深川の4地区に集中する有様となりました。貧者は移動手段が限られているので、便利なところに固まって住む傾向があるのです。

 こうして貧民窟の発祥地になってしまったこれらの4地区は、当時の産業、商業、観光業などの中心地でもあり、そうしたエリアの治安悪化は、東京市としては頭の痛い話となりました。行政が貧困問題解消に消極的すぎたツケなのですが……。

 明治時代の日本には、岩崎弥太郎のように一気に成り上がっていく者もいれば、平岡円四郎未亡人の「やす」(木村佳乃さん)が語っていたように、明治維新によって没落した旧・武士層に加え、明治になってからの経済競争で振り落とされた層などが大量に巷にあふれてしまっていました。

123

樋口一葉も没落士族…渋沢栄一が「国利民福」訴えた背景に明治期の“貧富の差”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

能條愛未のキャリアを深掘りして見えてきたもの

 新宿・紀伊國屋ホールの改修後、演劇公演第一弾となる『新・熱海殺人事件』。これまで紀...
写真