日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『ハロウィンKILLS』のブギーマンは何を語りかけているのか? 時代を映し出す最新ホラー映画4作品を一挙レビュー

『ハロウィンKILLS』のブギーマンは何を語りかけているのか? 時代を映し出す最新ホラー映画4作品を一挙レビュー

文=バフィー吉川(ばふぃー・よしかわ)

映画業界の世代交代による70~80年代オマージュ『マリグナント 狂暴な悪夢』

『ハロウィンKILLS』のブギーマンは何を語りかけているのか? 時代を映し出す最新ホラー映画4作品を一挙レビューの画像6
『マリグナント』© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 冒頭でも触れた通り、「ジャッロ映画」「スラッシャー映画」に挟まれて育ってきたのがいまの40~50代といえるだろう。

 近年、ホラーだけに限らず80年代を扱った作品が多い理由は、映画業界の世代交代によって、40~50代のクリエイターが自分の意志を作品に反映させられる立場に上ってきたことが要因である。彼・彼女たちが、当時の体験や、実際に見てきたものを素材として映画に落とし込んでいるのだろう。

 2021年11月12日から公開される『マリグナント 狂暴な悪夢』も、監督のジェームズが原点回帰とした作品。同作のコンセプトは、ビデオ店のホラーコーナーにあった70~80年代ホラーへのオマージュだ。

 ネタバレがとにかくできない映画ということもあって、詳しくは説明できないが、ジャッロ映画からスラッシャー映画へと変化するグラデーションをメタ的に体現したような作品であるとだけは言っておこう。

『ザ・リング』(2002)『パルス』(2006)『ワン・ミス・コール』(2008)などのジャパニーズ・ホラーリメイクを経て、『エクソシスト』(1973)『オーメン』(1976)といった要素も加え、独自のスタイルを確立したことで、誰も観たことがなかったような心霊・超常現象系映画『インシディアス』(2010)や『死霊館』(2013)といったハイブリッド作品を生み出してきたジェームズの原点がそこにあるというのも妙に納得がいく。

 ホラー映画が社会問題を描くことが多くなってきた背景としては、単純に現実社会の方が恐ろしいということもあるが、コンプライアンスの遵守やポリティカル・コレクトネスによって、表現の幅に制限ができ、奇形児や障がい者を連想させるような容姿を描きづらくなったという点も大きい。

 その中でジェームズのような、良い意味でホラー映画におけるおバカな路線を突き進み、混じりっけない直球ホラーを描くことに長けている監督もいることで、全体的なバランスが保たれているように感じられる。

 第34回東京国際映画祭で上映されたスペイン映画『ベネシアフレニア』も、ジャッロ映画へのリスペクトが強い作品ではあったが、下手に社会問題を取り入れたことで作品の内容を散らかしてしまっていたという印象がある。社会問題を取り入れなければならないという“強迫観念”がホラー映画業界に蔓延することもまた、問題視されることだろう。そんなホラー映画界において、ジェームズは貴重な存在と言える。逆に、ジェームズが社会問題を描きだしたら、世も末だ!!

『マリグナント』

製作/監督/原案:ジェームズ・ワン
出演:アナベル・ウォーリス、イングリット・ビス、マッケナ・グレイス
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

バフィー吉川(ばふぃー・よしかわ)

バフィー吉川(ばふぃー・よしかわ)

毎週10本以上の新作映画を鑑賞する映画評論家・映画ライター。映画サイト「Buffys Movie & Money!」を運営するほか、ウェブメディアで映画コラム執筆中。著書に『発掘!未公開映画研究所』(つむぎ書房/2021年)。

Twitter:@MovieBuffys

Buffys Movie & Money!

最終更新:2021/11/15 11:00
123

『ハロウィンKILLS』のブギーマンは何を語りかけているのか? 時代を映し出す最新ホラー映画4作品を一挙レビューのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真