日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 米倉涼子『ドクターX』神話崩壊か…

米倉涼子『ドクターX』神話崩壊か…『日本沈没』とのトップ争いの行方

文=本多圭(ほんだ・けい)

米倉涼子『ドクターX』神話崩壊か…『日本沈没』とのトップ争いの行方の画像1
テレビ朝日『ドクターX~外科医・大門未知子~』公式サイトより

 米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)と、小栗旬主演の日曜劇場ドラマ『日本沈没ー希望のひとー』(TBS系)。いずれも、今クールの話題作として注目を集めたが、明暗が分かれそうだという。

 「『ドクターX』は、米倉が危惧していたように、第7シリーズとあってマンネリ化が否めません。15%を割るのは時間の問題だと思いますよ」(初回から第6シーズンまで関わってきたドラマ関係者)

 10月14日から、新シリーズが始まった『ドクターX』は、初回こそ19.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)の高視聴率を記録したものの、その後は下降線を辿り、11月4日放送の第4話は15.2%と、全シリーズを通して歴代最低の数字を記録。

「これは、歴代最低視聴率だった第6シーズン第5話の15.9%より0.7ポイントも低い。続く第5話では、16.7%と1.2ポイント回復しましたが、これは明らかに松下奈緒によるゲスト効果だと言われています。第6話も15.7%と下がりましたからね。視聴率低下の要因は、なんといっても、手術シーンがマンネリ化していることでしょう。それに西田敏行や岸部一徳の高齢化だけでなく、主演である米倉の衰えも目立ちます。ゲストに救われているようでは、米倉のメンツは丸潰れですよ」(前出のドラマ関係者)

 さらに、今回、米倉の前に立ちはだかる内科部長兼院長代理を演じる能楽師・野村萬斎が考案したという“御意ポーズ“も不評だ。

 「シリーズを通して“御意3兄弟”が生まれるほど、『御意』というセリフは視聴者ウケしていたのですが、今回はコロナ禍で飛沫が飛ぶということで、野村萬斎が考案した“御意ポーズ”が起用された。ところが、あまりにもマンガ的で“ドラマを見る気が失せる”と不評。視聴者離れが起こっているんです」(テレ朝関係者)

 他方、小栗旬主演の日曜劇場ドラマ『日本沈没ー希望のひとー』(TBS系)は、初回から第3話まで平均15・7%、第4話で16.9%になるなど高視聴率をキープ。さらに、放送終了後には、米動画配信サービス『Netflix』での一斉配信をスタートさせ、新たなネット視聴者を獲得している。

 「TBSは、『日本沈没』を含む3本のドラマを順次全世界配信することで、Netflixと合意。その第1弾として『日本沈没』を10月10日深夜0時から世界190以上の国や地域で一斉配信したんです。配信契約料は10億円と言われ、さらに視聴者のビュー数や加入率に比例する形でインセンティブが支払われる。ドラマがヒットすれば、莫大な収入が見込めると同時に、ネット視聴者を増やせます」(ドラマ制作会社プロデューサー)

 2015年に日本に上陸したNetflixは、当初、テレビ業界では“黒船来襲“と恐れられていた。しかし、お笑い王国である吉本興業の大崎洋会長は、「日本には日本独特のソフトパワーがある。メディアごとにタレントやコンテンツの新しいマネジメント方式さえ見につければ、生き延びる」と語っていた。

 「実際、吉本興行は、所属する又吉直樹の芥川賞受賞作『火花』を、Netflixと組んでドラマ・映画化しました。しかし、当時、テレビ界ではドラマ放送終了後にネット配信することは、テレビ局の利益を損なうことだと考えられていたんです。加えて、出演者の権利処理が煩雑で、話がなかなか進みませんでした」(キー局のドラマスタッフ) 

 ところが、韓国では、大ヒットしたドラマ『愛の不時着』などを、地上波での放送終了からわずか1時間後にNetflixで配信。それにより、見逃していた回や作品を配信で“追っかけ視聴”してリアルタイム視聴に戻る視聴者が増え、ほぼ同時配信がスタンダードとなった。

 「TBSの日曜劇場の制作費は、1本約1億円と言われている。それだけに、15%以上の視聴率を取らないと、元が取れません。『日本沈没』は初回から15%超えが続いてますし、Netflixの視聴者を加えれば、さらに上がります。現在、世界におけるNetflixの加入者数は2億人超。日本でも、コロナ禍によって1年前に比べて加入者数が200万人増の500万人となりました。今はトップを独走している『ドクターX』も、うかうかしていられないでしょう」(前出のドラマスタッフ)

 『ドクターX』は、これまで待望論がありながらも、米倉が「続編はやらない」とオファーを固辞してきたドラマ。しかし、昨年3月、米倉がオスカープロモーションから独立して以降、次のドラマがなかなか決まらず、最終的に『ドクターX』の新シリーズを承諾した、という経緯がある。それだけに『日本沈没』には負けられない。

 “私、失敗しないので“というフレーズ通り、後半の視聴率アップに期待したい。    

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴40年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。主な著書に『 スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら』など。

サイト:記事一覧

最終更新:2021/11/22 16:57

米倉涼子『ドクターX』神話崩壊か…『日本沈没』とのトップ争いの行方のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

マヂラブ「漫才師とかコント師なんて職業は存在しない」

「R-1ぐらんぷり2020」優勝、「M-1グランプリ2021」優勝、そして三冠をかけ...
写真