日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > TBS安住アナ「1年後に会社を辞める」宣言!?

TBS安住アナ、『THE TIME,』低迷の屈辱で…「1年後に会社を辞める」宣言!?

TBS安住アナ、『THE TIME,』低迷の屈辱で…「1年後に会社を辞める」宣言!?の画像
TBS公式サイトより

 TBS上層部も頭を悩ませていることだろう。

 安住紳一郎アナが総合司会を務めるTBSの朝の情報番組『THE TIME,』。10月から鳴り物入りで始まったが、数字がまったく伸びてこない。

「初回こそ平均世帯視聴率6.5%の好発進だったが、その後は4%台が定位置に。放送前こそ『エース投入』『最後の切り札』と持ち上げられ、鳴り物入りで起用された安住アナでしたが、蓋を開けてみると夏目三久がメインを張っていた前番組『あさチャン!』とほぼ変わらない数字で、同時間帯では民放最下位のまま。安住アナ自身も、自分が出れば視聴率は1~2%は上がるとタカを括っていたようで、アナウンサーになってから初めてと言っていい壁にぶち当たっています」(テレビ関係者)

 もっとも、視聴率の低迷はすべて安住アナのせいというわけでもない。

「他局に比べニュースが少なく、スポーツ、エンタメが弱いという評価が出ています。かつての『ズームイン!!朝!』(日本テレビ系)を意識しているのか、地方局と組んで各地の情報を取り上げる戦略を取っているようですが、空回りしている感じがしますね。そもそも、朝の情報番組は長年の視聴習慣がモノを言いますから、そう簡単に数字は動きません。『めざましテレビ』が民放同時間帯1位になったのも、始まってから10年目でしたから」(同)

 しかし、あれだけ「エース」と持ち上げられてきただけに、安住アナのプレッシャーは相当な様子。番組が終わった後には毎日「反省会」が開かれているというが……。

「安住アナがスタッフに2~3時間にわたってパワハラまがいのダメ出しをしている……などと報じるメディアも。もちろん安住アナの仕事に対する熱意が強いことの表れですが、今やただのイチアナウンサーではなく、『局長待遇』で将来の幹部候補という“お偉いさん”です。現場のプロデューサーに任せればいいものの、一番上の立場で意見するため、スタッフは言うことを聞くしかない。安住アナの指示によりコーナーや内容が変わるため、よけいに視聴習慣を安定させることができず、悪循環となっています」(同)

 イライラを隠せないあまり、スタッフの前で、安住アナはある「重大発表」までしているという。

「覚悟の表れなのか、『1年後、今の数字のままなら会社を辞めます』と宣言したそうです。そりゃ、自分の好き放題にやって結果が出なければ、責任論になるでしょうからね。出世大好きの安住アナですが、朝番組の立て直しという大役を任されながら失敗すれば、出世の道もなくなります。もとよりプライドの高い男ですから、屈辱にまみれて局に残るより、フリー転身することを本気で視野に入れ始めたということでしょう」(同)

 『THE TIME,』を始めたことで、安住アナが司会を務めて18年半続いた局の看板番組『ぴったんこカン・カン』は高視聴率にもかかわらず終了。その後に始まったお笑い番組『ザ・ベストワン』の視聴率も低空飛行となっている。

 TBSの社運を賭けた戦いは敗色濃厚だが、安住アナの会社員生命も残りあと1年?

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2021/11/26 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志のルーツ

今週の注目記事・1「総力取材 尼崎~心斎橋~...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真