日刊サイゾー トップ > エンタメ  > キンプリ、ついにダサさから脱却!

キンプリ、ついにダサさから脱却! 関係者が語るジャニーズ「DVDジャケット問題」

文=山本ロドリゲス久美子

キンプリ、ついにダサさから脱却! 関係者が語るジャニーズ「DVDジャケット問題」の画像1
「King & Prince CONCERT TOUR 2021 ~Re:Sense~通常盤)」(Johnnys’ Universe)

 King&Princeの4thライブBlu-ray/DVD『King & Prince CONCERT TOUR 2021 ~Re:Sense~』(1月12日リリース)のジャケット写真が公開されるや、ファンからは”ある声”が多くあがった。さらにそのとき、Twitterのトレンドには「非公式感」という謎のワードがトレンド入りする事態に。キンプリファンがTwitterにトレンド入りさせた「非公式感」とは一体どういう意味なのか? 都内在住の平野紫燿ファン(30代)はこう語る。

「2018年のデビュー年から2020年まで、3枚のライブDVDがリリースされてきましたが、ジャケット写真が公開されるたびにファンからは落胆の声があがっていたんです。ロゴも無料フォントのようでダサいし、写真もただ切って貼ったみたいな感じで、素人目に見ても『なにこれ?』ってクオリティだった。ファンからは『デザイナーは死んだのか?』といった声や、『レコード会社ちゃんと仕事しろ』『公式のDVDなのに非公式みたいなデザインだ』といった愚痴が散見されました。ですが、今回はこれまでのジャケット写真に比べると幾分かマシな作りになっていて、ファンも大喜び。『非公式感がなくなった!』と大盛り上がりしたので、トレンドにもこの言葉が入ったのだと思います」

キンプリ、ついにダサさから脱却! 関係者が語るジャニーズ「DVDジャケット問題」の画像2
左から2018年、2019年、2000年のライブDVDジャケット。本屋に並ぶジャニーズの非公式本のようなデザインだ。

 たしかに、歴代のジャケット写真を並べてみると、あか抜けないというか、なんともいえないデザインだ。ところが、ジャニーズのデザインがダサくなるのにはちゃんとした理由があるのだという。ジャニーズのグッズ制作に携わったことのあるA氏はこんな逸話を語ってくれた。

「15年以上前ですがジャニーズ事務所のグッズ制作に携わりました。いくつかデザイン案を出そうという段階で、『おしゃれなデザインはダメ』というようなお達しがジャニーズサイドから出された。なぜかと聞くと、『ジュリーさんやメリーさんのチェックで、NGが出るから』と。メインの客層が若年層の女性だから、わかりやすい文字でわかりやすいデザインが良く、ダサいくらいがちょうどいいと言うんですよ(笑)。そのときは、そういうものなのかと思ったんですが、今考えるとちょっと意味がわからない理屈ですよね。でも確かに『ちょっとダサい』くらいがジャニーズらしいといえばそうなのかも」

 さらに元ジャニーズ社員は『ジャニーズ的デザイン』について、こう続ける。

「ジャニーズはデザイン面だけの話でなく何においても、リッチさを嫌う傾向はある気がします。少女たちがお小遣いで払えるようにと、コンサートのチケット代もなるべく値上げしないように奮闘している会社ですからね。だからDVDやCDのジャケットデザインにおいても、デビュー間もないグループほど安っぽく、よく言えば親しみやすく(笑)設定されているというのはあるのかも。最近解散したV6も、レコード会社はエイベックスでジャケット写真等のデザイン面ではかなり、リッチで洗練されているようなイメージがありますが、デビューから数年は例にもれずダサかったですから(笑)。最初から最後までずっと洗練されていたのは、SMAPくらいでしょうね。あれはやっぱりマネージャーの飯島(三智)さんが、何から何までこだわって作っていたからなせた技ですよ。とはいえ、グループも一定の年数がすぎるとファンも一緒に大人になっていくし、本人たちのやりたい方向性なんかもはっきりしてくるので、ジャケ写やアーティスト写真の雰囲気がだんだんと変わってくるものです。キンプリのジャケット写真も以前よりだいぶ雰囲気が変わってきましたし、今後どういう方向性に舵をきるのか、ジャケット写真の進化とともに追っていくと面白いかもしれないですね」

 ジャニーズのダサさには理由がある。そして、その”ダサからの脱却”の過程を見守るのも、ジャニーズファンの醍醐味なのかもしれない。

山本ロドリゲス久美子

山本ロドリゲス久美子

ジャニーズ系ライター。LDHやK-POP、2.5次元舞台などの現場取材も多数経験。

最終更新:2021/12/03 00:53

キンプリ、ついにダサさから脱却! 関係者が語るジャニーズ「DVDジャケット問題」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独と本音

 18歳未満で家族の介護に携わっている人のことを「ヤングケアラー」と呼ぶ。  家族に...
写真