日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > ジャニーズの“NHK乗っ取り”始まる!?

松本潤&岡田准一「ジャニーズ大河」皮切りにジャニーズの“NHK乗っ取り”始まる!?

松本潤&岡田准一「ジャニーズ大河」皮切りにジャニーズのNHK乗っ取り始まる!?の画像1
どうするNHK(写真/Getty Imagesより)

 11月29日、NHKは東京・渋谷の同局で、嵐・松本潤が主演する2023年の大河ドラマ『どうする家康』の出演者発表会見を行った。

「驚いたのは、岡田准一が出演すること。松本と岡田の共演は、2005年の映画『東京タワー』以来18年ぶりとなります。松本は大河主演のオファーを受けた際、出演を悩んでいたそうですが、2014年に大河主演を経験している岡田が『ぜひやったほうがいい』と背中を押したそう。その後、今度は信長役での出演オファーに悩んだ岡田に対し、松本は『一緒にやってほしい』と電話で直接ラブコールを送ったとか。ともあれ、ジャニーズが主演級のタレントを共演させるというのは異例のことです」(テレビ誌ライター)

 発表された他の共演者も、ムロツヨシ、阿部寛、有村架純と、いずれも松本と親交がある俳優陣だ。

「ムロとは共通の友人である小栗旬の結婚を機に意気投合。ムロは嵐ファンでもあり、松本は嵐のコンサートの演出について感想を聞くなど、親友といえる関係です。阿部は2008年の松本主演映画『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』で共演。嵐の番組にもたびたび出演していました。有村にいたっては、2014年の月9ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)、2017年の映画『ナラタージュ』に続いて松本とは3度目の共演です。初の大河主演にナーバスな松本をサポートするかのような布陣ですね」(前出・テレビ誌ライター)

 NHKといえば、昨年の『NHK紅白歌合戦』では“ジャニーズ枠”が7組まで拡大し、ジャニーズとの蜜月が囁かれたが、今年は5組だったことも話題になった。

「昨年は嵐の活動休止前ラスト出演となることやジャニー喜多川氏の追悼企画などもあったため特例となったのでしょう。2012年以降はほぼ5組で固定されていたので、ジャニーズ枠が“減少”したわけではありません。しかし、ジャニーズとしてはもっと枠が欲しいのが本音。そこで、朝ドラや大河ドラマに俳優としてタレントを投入していくことでNHKへの貢献度を上げ、枠拡大の交渉を有利に導いていく戦略となったようですね。朝ドラは今年、『おかえりモネ』の永瀬廉(King & Prince)、『カムカムエヴリバディ』の松村北斗(SixTONES)と旬の若手ジャニーズの出演で盛り上がりましたが、今後もこの傾向が続きそうです」(業界関係者)

 しかし、NHK内ではこうしたジャニーズシフトに眉を潜めているスタッフもいるという。

「大河ドラマといえば、これまで芸能界の大御所や重鎮、ベテランの本格派俳優が存在感を見せ、それが中年層に支持されてきましたが、NHKとしてはとにかく新しい視聴者を取り込みたい。吉沢亮を主演に据えた現在放送中の『青天を衝け』はわかりやすい例でしょう。実力派が脇を固めつつ、積極的にフレッシュな新しい風を吹き込もうとしている。『リーガルハイ』(フジテレビ系)や『コンフィデンスマンJP』(同)で知られる古沢良太の脚本となる『どうする家康』は、さらなるチャレンジとなるはず。しかし、わかりやすく話題性を狙ってジャニーズをどんどんキャスティングしていけば、民放のように“ジャニーズ依存”になり、紅白、朝ドラ、大河と乗っ取られていく可能性もあります。公共放送としてはあってはならない姿でしょう」(前出・業界関係者)

 NHKとジャニーズの関係はさらに強固となっていくのだろうか。

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2021/12/05 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed